ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

忘れられた塔

忘れられた塔:5003万円の総資産になったことを誰に言うか

投資という聞きなれない言葉 株価とかいう、多分、どうぶつの森で売っているカブみたいなノリなんだろうというこの知識のなさ それでも、レババッジのおかげで、いやむしろ無知のなんちゃらのおかげで増えた5003万円のどどーんというお金 親類に話す時に…

忘れられた塔:年手取り15万円の会社が倒産した理由

好きだと思える人に囲まれながら、好きなごはんの仕事ができる これ以上に最高な条件があるとすれば、毎月10万円くらいの手取りが、正社員であると嬉しいな でもなぁ、そのうちなるよね☆ と思っていたペコラの好きな美魔女社長の会社は、入社後2年弱で潰…

忘れられた塔:資産運用やってみよう5003万円からいきなり失敗

確か26歳の頃 ペコラは5003万円というお金を持っていました 長期投資 この5003万円に手を出してはいけない というルールの中、むくっと湧き上がったのが 浅ましい欲望 当時のペコラは結婚の準備中 双方の両親から結婚費用をもらっていたので、それ…

忘れられた塔:5003万円になった資産の行方

5003万円 そんな数字は、それまでのペコラにとってはもちろん大金なわけです 107万円→5003万円 税金の何十%という数字がどーんと減っても 5003万円という数字が残っていました ビットからの長期運用を教えてもらうまで といっても、すぐに教…

忘れられた塔:妊娠中の飛行機〜安定期の中ヨーロッパへ〜

妊娠13週目から出血やら茶おりが続いたものの 無事に妊娠中期に入ったペコラ エンゲルの時は、せいぜいつわりで食べれないくらいで あとは、出血やら茶おりもなく 貧血で…とかいう症状もなく 平和に過ごしていたのだけれども ペコラの周り、出産を経験して…

忘れられた塔:マイホーム家はローンありかなしか

レババッジの話をして、ハクイにびっくり仰天されたその後 107万円が5003万円に膨らんだという過去を持つペコラですけれども 今、どないやねんという話ですけれどもそれはまた後々のブログにて さてさて ペコラからすると、5003万円という数字は…

忘れられた塔:107万円の全財産から6日で5003万円になってから

さて、月給3万円のペコラ と言っても前に多分このブログでも書いていると思うのですが、5ヶ月分しかもらえなかったので 年間15万円のペコラのお給料だったわけで その後、69万円が貯金に増えて一時107万円になったブログを覚えていらっしゃるでしょ…

忘れられた塔:幼い日のかたぐるまの思い出

「パパー!かたぐるましてー!」 そう言って、エンゲルはオットーにかたぐるまをしてもらう 普段より高くなった視線に嬉しいのか オットーの腰が、限界がきていようともおかまいなしのエンゲルは4歳 体重約18キロ 「そういえば、昔肩車してもらった時さぁ…

忘れられた塔:ブログを忘れた昨日

なんてこったい ブログを昨日忘れたではないか いやあ… まさかの20時間くらい寝てました はっはっは 春ですなあ オットーはさすがに救急車かと思っていたそうですが いびきかいて寝ていたので放置 エンゲルは よう寝るなのひと言で終了 なんなんでしょう 眠…

忘れられた塔:昔の仕事で今も役に立っているもの〜個人輸入してみよう〜

もともとの会社の仕事内容が ざっくばらんに言えば、海外で安く買った食品を日本やその他で高く売る ということだったので、日本国内で販売されていて 輸入されている商品はみんなこんな風に(規模は全然違うだろうけれども)誰かがどこかの国で買って 誰か…

忘れられた塔:初めての妊娠中の睡眠時間〜ペコラの場合〜

ペコラが妊娠したのは28歳の頃 若い部類だーと言われたので じゃあちょっとは楽なのかなぁ、とのんきにかまえていると ペコラの場合は最初から最後まで これでもかという眠気に襲われました 安定期に入ると 眠気やつわりなどもおさまるという噂だったのに…

忘れられた塔:ペコラの仕事の楽しみ方~憧れの食堂のおばちゃん~

外食も好き おいしいものを食べれるなら、正直なんでも好き ペコラのやる気の源 それは ごはん 「…あんた、何で大学とかの食堂に就職しなかったの?」 「いやいや、そんなトコ就職したら、自分の分ないでしょ、たぶん。食べれないのはつらい、あと決まったメ…

忘れられた塔:ペコラの語学力は英検3級

ペコラの語学力 語学力と言えば英検 TOEIC? のんのん 英検3級 中学生の時にとったこの英検三級だけを持ってペコラは一人で海外へ飛びました 英語はペコラには基本 役に立ちませんでした 主要国は英語ではなく、フランス語、イタリア語、ドイツ語…… 英語が…

忘れられた塔:食品の輸入会社で働く楽しいこと

世の中には生きがいという言葉を仕事に使う場合があるという うんうん 生きがい ちょっと難しい日本語だけれど(あくまでペコラ的にはという話) まるっとまとめると たっのしぃ~~~~とか しあわせぇぇぇぇぇ~~~~ とか、感じる瞬間みたいなもんだろう…

忘れられた塔:レバレッジ400倍の意味を知った時のペコラの反応

「どうしようもない馬鹿だとは思ってたけど、お前マジ頭やべーな」 ハクイにRPGアイテム レババッジ(装着するだけで持ち金ゴールドが増えるアイテム)と思っていたものを 本当はそれはレバレッジという名前だと オットーに教えてもらったいきさつを話し…

忘れられた塔:レバレッジで400倍の時のオットーの反応

レバレッジをレババッジだと思って ドラクエのなりきんベストみたいなものだと思って装備していたペコラ オットーに会うまでの間に なんだかお金が増えていて オットーにもびっくりされて でもオットーはペコラとは違い 無知でもおバカでもなかったので たっ…

忘れられた塔:グルメな国での非常食~愛しの缶詰~

航空券代以外は自腹 現地でちょこちょこお小遣い稼ぎをして もちろん、日本からの準備もかかさなかったペコラ それは 缶詰たち あと、お米 アパートメントと呼ばれるキッチン付きのホテルのようなところを借りて ペコラは基本、どの国へ行っても自炊 そうい…

忘れられた塔:ペコラの運用資金調達~レババッジを使った編~

「で、長くなる話ってなんだよ」 何でペコラが、毎月3万円(年に5回しか出なかった)から、夫を養い 子どもを養うまでに成長したか それは 「えーっと、レババッジを手に入れたんだよ」 「…なんだそれ?」 「いや、本当に運用とか投資とか言われても意味不…

忘れられた塔:ペコラの出張代と自腹代

格安航空機時間が一番の恐怖だったペコラ スチュワーデスさんが泣き叫んだのは、ロシア系航空機でがらんがらんだった機内(なんかのランキングが低すぎて、普通の人は乗らないらしい) 普通に落ちました 墜落はしていませんが エアポットとかでなく フツーに…

忘れられた塔:ペコラの運用資金調達~まとまったお金の時~

「お前、結局年間15万円の手取りから、何でオットーと子ども養えるまでになったんだ?」 そんなハクイの疑問 ビットにまとまったお金ができたら資産運用を教えてあげるよ と、言われたあの日から ペコラなりにお金を節約していたものの …いや、赤字だった…

忘れられた塔:ペコラのつらかった時間

「お前、仕事で辛い時とかなかったのかよ?」 「何よ、急に?」 「いや…俺、初めて自分が担当…まではいってねーんだけど、関わってた患者さん亡くなった時、しばらく診察とか怖くてさ。心療内科とか見ると、むしろ俺が入っていきたくなるくらい、結構辛くて…

忘れられた塔:ペコラの寝床~ブラック企業と呼ばれても~

「ゴミ屋敷で押入れが社宅とかお前まじ異常だな」 「いや、ですから未来あるベンチャー企業」 そんなハクイとの会話 突然 「そういやお前、布団どうしたんだよ布団」 「布団?」 「そうだよ、押入れって言っても布団ないと寝れねーじゃん」 「あぁ、前の会社…

忘れられた塔:ペコラとオットーの自給自足デート

「で、お前デートが青空デートってどういうことだよ」 その日のハクイは、ハクイのママンが作ってくれたレモンタルトを持ってきてくれていた 「あぁ…そういえば基本晴れの日デートだったねぇ…ペコラ」 「結婚しても雨の日にまずデートしてない気がするね、あ…

忘れられた塔:ゴミ屋敷の楽しい台所キッチンの掃除の仕方~ジブリ流~

「お前、よく人の家の汚ねぇキッチンとか掃除できんな」 ハクイは既に、ペコラをばっちぃ雑巾を見るかのような目で見てくる 「あぁ、コツがあるんだけど、聞きたい?」 「いや、俺そういうシチュエーションに一生巡り合わねぇ自信あるし」 「…ハクイ、何事も…

忘れられた塔:ペコラの初任給は3万円

初任給の話が、若かりし頃は、同じ大学の友人との間で話題になった コニーは、東京勤務でしかも実家から通える場所に会社があったため、お給料の大半を自分の服や旅行費や美容代に使っていたそうな コニーは、ペコラでも知ってる雑誌を作ってる会社で働いて…

忘れられた塔:オットーのいい所尋問②

「さぁペコラ!オットーのいい所!1000%美化して教えてよね?!」 「無理っス」 「お願いぃぃぃぃっっっっコレもし知ってる人とかが見たらどぉするのぉぉぉ?!?!?!」 「あぁ…そうだったんだオットーさんって。くらいでない?」 「のぉぉぉぉぉぉぉ…

忘れられた塔:最初の頃の会社公開~ゴミ屋敷からお宝編~

「で、ちょっと怖いもの見たさなんだけどさ」 ハクイの何が言いたいのかよく分からない言葉に続いたのは 「ゴミ溜めの家ってどんな感じだったわけ?」 ということで えーっと…これがああで、そこがこうでと言っていても説明下手のペコラ 絵に描いてみました …

忘れられた塔:ペコラのあの時の仕事

「で、お前は結局なんの仕事してたんだ?」 「あ、やっとまともに聞いてくれる気になった?」 ハクイとの会話の中 ようやく生まれたまともそうな質問 「ペコラはねぇ~まず、部署みたいなものはあったんだけど、人数が少ないから部署は変だねって話になって…

忘れられた塔:オットーのいい所尋問①

オットーと恋人になったのは22歳の時 あの時も そしてオットーと結婚した26歳の時(27歳の年) あの時も 四方八方から 「オットーのどこを好きになれたのか」 「オットーのどこがいいところなのか」 と 幸せな人に尋ねるほんわかした質問とは違って 一…

忘れられた塔~10年前のペコラの貯金事情~

「で、お前って22歳のそのゴミ屋敷に就職した時って貯金いくらあったんだよ?」 いつの間にかペコラのキラキラベンチャー企業で働く女から ゴミ屋敷で奴隷生活にハクイに烙印を押されたペコラ ペコラの22歳っていったい… 「貯金?割と持ってたよ、最初の…