ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

クエスト15:食べ過ぎない方法を考えてみよう

「特技!ブタに変身!!!!!!!」

 

f:id:pecorafujin:20180104161330j:plain

 

 

 

 

 

ハクイが現れた

 

「お前は本当にむかしっからよく食う女だったな」

 

「成長期はみんな食べるものだとも」

 

「お前は20代もずっと成長期だったのかよ」

 

「ブヒ」

 

 

 

 

さぁ!

 

ペコラの妊娠直前までの1日の食事を見てみよう!

 

プラン1

 

ラーメン(豚骨で野菜なし)

お弁当屋さんのお弁当(トンカツやつくね、焼肉、生姜焼き定食)

パスタ山盛り(3人前くらい)

コンビニのお菓子2,3個

自炊料理(一汁三菜)

 

プラン2

 

チャーハン(ほぼお米)

焼きそば

おやつにたこ焼き

外食(焼き鳥、洋食、居酒屋など)

プリンやシュークリーム

自炊料理(一汁三菜)

 

プラン3

 

出前(ピザ、カレー、お寿司)

パン4,5個

お好み焼き(粉もの)

コンビニのお菓子1,2個に肉まんか揚げ物

そばやうどんに魚系(自炊)

 

「あとは…」

 

「もういい、ひっでぇええええええええな。オットーは?」

 

「あぁ、オットーは学校に行ってたからお弁当作ってました!いや、お弁当作りは楽しいのよ~肉類の他に、炊き込みご飯にしたりまぜご飯にしたり、あと野菜も多めに入れてた!」

 

「お前、それ自分の分も作って食えよっ!」

 

ハクイはうなだれた

 

「それになんか4食くってねぇか???」

 

「あぁ、昼夜逆転するとどうしてもねぇ」

 

「本当に食いすぎだよ、それに見てるだで俺は胃もたれしてくんぞ」

 

「ふっ、根性なしめ」

 

「…。まぁ、いいわ。オットーは何食ってたんだよ?」

 

「基本、朝ごはんはきんぴらごぼう、根菜の炊いた系に納豆かこうや豆腐の何か、卵系か魚系を2,3日に1回作って保存して、ご飯は炊いてたかな?汁ものは朝、海藻系に野菜、冬はかす汁を作って…」

 

「なんで、お前それ食わないんだよ」

 

「眠かった」

 

「お、おう、そうか。そうだったな。で、昼はオットーは弁当で夜は外食か普通の家庭料理食ってんのに…

 

 

 

 

 

 

何でお前だけ一人暮らし始めたどうしようもない女みたいな食生活してんだ」

 

 

 

 

 

考えてみる

 

それは…それは…

 

 

 

 

「嬉しかったから」

 

 

 

 

「は?」

 

 

 

 

 

「いや、実は中学生の時に目立つグループの子ってお弁当コンビニで買ってきてたんよ」

 

「…?」

 

「でもペコラはお弁当があったわけで…そのまま高校もやっぱり目立つグループは冬とかにおでんとか買いに行ったり、たま~にからあげくんとかくれたりしてたわけよ」

 

「………?」

 

「で、そういった人たちへの…

 

 

 

 

 

憧れかなぁ…(〃▽〃)ポッ」

 

 

 

 

 

 

「は?」

 

「いや、あんた医者だったら人の話真面目に聞いてよ。つまりね、大学生になって始めてコンビニでお昼ご飯を食べたり、学食と呼ばれる場所でご飯を食べてちょっと客観的に自分を上から、横から見てこう思ったのよ

 

 

 

 

 

 

今、ペコラかっこいぃぃぃぃ!ってえへへ(〃´∪`〃)ゞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

「あほかぁああああああ!!!!」

 

「お前!10代の内臓と20代の後半のがけっぷちの内臓を一緒にすんじゃねぇぇぇ!!!!コンビニや外食が悪いとは言わねぇえ!ありゃ便利だ!でももうちょっとコンビニでもサラダとか食え!なんでお前の選択肢はそうもおっさんなんだよ!」

 

「お?おっさん?????」

 

「お前の食事の選び方はなー、土方とかで肉体労働してる兄ちゃんならいいんだよ。あんだけ動いてたらカロリーも消費できるだろうよ。でもお前、基本駅からバス停以外あるかねーし、スポーツもしてねぇぇぇぇだろ!!!!」

 

「あうあう…」

 

「で、なんでその憧れとやらを28歳まで続けてんだ」

 

「う~~~~~~~ん」

 

考えてみる

 

学食デビューを果たしてから

 

外食って楽しいに目覚めてしまった

 

しかも当時、リクルートが出していたホットペッパーをこれまた大学でも派手なグループの、今でいうリア充な人たちに教えてもらって、世の中にはいろんなお店があるんだなぁ、と知り

 

「まぁ、今に至るわけよ」

 

「…お前、そんなに影キャラだったわけ?」

 

「いや、たぶん普通。教えてもらって、、ちょっとイケてる風に見せてたつもりだったんだけど、どうだった?」

 

「いくつになっても食い物の話しかしねー奴だと思ってた」

 

それもそうだ

 

「で、お前今、妊娠してるんだろ?どんな母ちゃんになりたいんだよ」

 

 

 

 

 

 

「そりゃぁ…

 

 

 

 

 

 

フレッシュな感じで、爽やかで、遊びに行くと手作りのお菓子やおしゃれなご飯が出てきたり、健康的で、体に良さそうなものを作ってて、自然体で、落ち着いて生活してるような、おっとり?うーん、優しそうな、それでいて綺麗な家に住んでる、笑顔の素敵な…」

 

「なげぇなげぇ。でだ、お前のその食生活じゃ無理だ」

 

「なんで?!」

 

「アホか、生活は食・睡眠・心から作られるんだ。お前の場合、食と睡眠がアウトだ、ついでにその2つの影響で心もなんらかの問題が出てる、お前の理想を簡単に言うと、余裕のある暮らしがしてぇってことだ。でもお前の心に余裕なんて今ねーだろ」

 

「うん、けっこう色々パニック」

 

「まずは、いきなりオーガニックとか全部変えてやるなんて思うな、まずはその食いすぎなんとかしろ」

 

「そっか~~~~なんで産婦人科の先生はそのへん聞いてくれなかったのかな???」

 

「よっっっっっっぽどお人よしじゃねー限り産婦人科医が、わざわざ妊婦の食事リスト聞いたり、指導したりしねぇ。せいぜい栄養士やらが出てきて、小学校の教科書に書いてあるような話はするかもしれねーけど、個々に対応なんてよっっっっぽど高い病院じゃないと無理だな」

 

「そっか~、じゃあまずは…」

 

 

 

コンビニや外食が好きになった経緯を考えてみる

 

→若かりし頃の憧れの延長(10年くらいたってるけれど)

 

食べ過ぎの原因を考えてみる

 

コンビニの商品はよく新商品が出て、見ると食べたくなる

 

お菓子の新商品はもちろん、限定品などが出ても食べたくなる

 

お酒を飲むとどうしてもおつまみが食べたくなったり、しめにラーメンに行きたくなる

 

お弁当屋さんも写真で全種類のお弁当の中身を見ると全部コンプリートしたくなる(出前系)

 

食べる時間が決まっていないので、だらだら食べてしまう

 

 

 

 

 

「よし、じゃあ今すぐその習慣をやめろ、やめれたらまた来てやる」

 

 

 

 

 

 

そうしてハクイは研修にもどっていった

 

ペコラは次の日から実践することにした