ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

忘れられた塔~初任給3万円スタート~

「ブログのタイトル変えたら?」

 

そうビットに言われたのはつい最近

 

「なんで?」

 

「無駄に長いのと、何が革命かよく分からないから」

 

 

 

 

 

…ちーん

 

 

 

 

「いや、あんな生活からこんな生活に10年で変わりましたっていうね?」

 

「あんな生活の詳細が、よく分からないし、君の生活の変化が革命なら、それはオーガニックの食事をとったことだけじゃないよね?」

 

「うん、それは書いてて思いました…でもタイトルかえるなんてそんな」

 

「無名のそのへんの人間がブログのタイトル変えても何も違約金とか発生しないよ。そもそも誰かがタイトルを覚えている保障すらない」

 

「いや、そうなんだけど…ってそっか」

 

「うん」

 

「う~ん、じゃあペコラの革命物語とか?」

 

「それは別になんでもいいよ」

 

「いや、もうちょっと親身に相談のってよ、どうせなら」

 

「それなら10年前の君の生活がいかに悲惨で目も当てられなかったかを書けばいいと思うよ?」

 

「いや…楽しく幸せに暮らしてたと思うんだけど…」

 

「本人はそうでも、傍から当時聞いていた分にはかなり惨劇だったけどね」

 

「そ…そうだっけ?」

 

「大学4回生の頃から、インターンだとかいって無名のベンチャーの会社で働いてたよね?」

 

「うん、そうそう!楽しいよね!ベンチャー!ちょうどあの頃って、就職バブルだったんだけど(二年くらいで終わってたけど)、色んな会社のインターンシップとか行かせてもらって、ここだー!!って思ったのは」

 

「インターンシップ代は0円でそこからアルバイトらしいことしながらも0円で、初任給はまさかの3万円で、しかも1年のうちその給料出たのさえ7回とか言ってなかった?」

 

「あれ?7回ってビットに言ってたっけ?あははは、じゃあ見栄はってたんだ~ごめん~~~正確には5回だったよ」

 

「…社会保険はもちろん」

 

「あぁ、その言葉をそもそも知らなかったねぇ~。だって給料も手渡しだったし!」

 

「うん…そう言ってたね、国民年金払わないといけないっぽいとか意味不明なこと言ってたもんね?」

 

「うんうん、懐かしいっ!」

 

「…交通費は出てたんだっけ?」

 

「ううん?」

 

「週に何回出社してたんだっけ?」

 

「え、7回か6回だけど…?会社って言っても、マンションみたいな一室で、でもいつものメンバーがいつもいるから楽しかったよ~?」

 

「そういう会社ってブラック企業って言うって知ってる?」

 

「えぇ~~~~~違うよ!未来ある会社!ベンチャー企業と言うのだよ!」

 

「で、未来はあったの?」

 

「えぇっと…2年くらいで潰れたかなぁ???」

 

「えらく短い未来だったね」

 

「へへへ…で、それがどうかした?」

 

「うん、君はその普通の人が聞いたら耳を疑うような君の過去の話をまずはした方がいいと思うよ。そうすれば今の君の生活が『あぁ、本当にこの人にとっては革命だったんだね』って分かってくれるよ」

 

「そ、そうかな?」

 

「プロフィールみたいなのも、初任給3万円から10年経って…と言う言葉を入れてみたらどうだい?そんな面白いネタ持ってるの君くらいだよ」

 

「そ、そうかなぁ…?」

 

「しかも普通、ブラック企業って悪く言うと思うんだけどね、君の場合そこの会社に怒りがないよね?」

 

「まぁお給料は確かに少なかったけど、実家もあったし、家賃とか入れなくていいって言ってくれてたし…あ、それでも1万円は入れてたかなぁ?ただ、自分で選んだ会社だったし、まぁ今幸せにのんきに生きてるからそれもそれであり…」

 

「それだよ」

 

「うにゃ?」

 

「そんな破滅的な生活を送っていた22歳が今、どう生きているか、その過程そして過去を伝えてこその革命だよ。それに無知がいかに人生を狂わせるかもわかる」

 

「な…なるほど…いやぁ…書きたいことがたくさんあって、そういうの忘れてた、へへへ…って最後ひどいな」

 

「いや、君の20代よりマシだよ。書きたいことが多いのは、読んでたらそれは分かるよ。楽しそうに書いているんだけど、誤字脱字や時々日本語おかしいね」

 

あうあう

 

すみません

 

「ただ、そこがブログの面白さでもあると思う」

 

「そうかな?!なんかやっと褒めてくれる気になった?!」

 

「製本された本にはないその人間の性格がよくあらわれる。君の場合特に。あぁ、たぶんペコラさん、何かここで違うこと始めてブログ書き終えたんだろうな、とかね」

 

「え?!」

 

「文章読むのが好きな人ならきっとわかると思うよ、ここテンションの上がるまま書いてるんだろうな、とか」

 

「お…おぅ」

 

「ただ希望は持てるよね。あぁ、1年で15万円しかもらってなくても、この人生きてて、結婚もして出産もして、今のんきに生きてるんだ―って」

 

「ほうほう、つまり誰かの役に立つ?」

 

「あとは、知らない人の知らない人生を見て面白いと感じる人もいるんじゃないかな?」

 

「ほうほう」

 

「どん底でも前向きな君の生き方っていいと思うよ、僕はそんな人生計画していないから関係ないけどね」

 

「へへへ、ありがとう」

 

 

 

 

 

「それで、ペコラ革命って何?君はなんの革命を起こしたの?」

 

「えーっと…食べるものが変わって元気になって、考え方がちょっとづつ健康的に変わって、お金がちょっとづつ貯まって、安心して生きていけるようになったかなぁ?もともとそんなに何かを心配して生きていたわけじゃないんだけど、ちょっとづつ生活が変わっていって自信になったよ、結婚費用も1人で貯めれたし…」

 

「そう、そういうのなんていうんだろうね?」

 

「え?革命???」

 

「ペコ革きたーとか、君のいつものセリフもブログに書けばいいと思うよ?」

 

「え、ちょっとそれはさすがに馬鹿みたいじゃないですか?!」

 

「大丈夫、君はどこから見ても十分面白い馬鹿にしか見えないよ」

 

「ちょっと、関西人にアホって言うノリで馬鹿を使わないで欲しい」

 

「君が先に言ったよね?」

 

「最大の自虐言葉をそのまま返さないで…こ、心にダメージが」

 

「馬鹿って色々言い方あるよね。馬鹿馬鹿しい、馬鹿げている、馬鹿っぽい…」

 

「ペコラは100のダメージをくらった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、ペコラのレベル1からのオーガニック革命物語から

 

ペコラの革命物語にタイトルが変わります

 

 

写真などにつけているペコラスタンプもこんな感じで変わります

 

 

 

f:id:pecorafujin:20180114103214p:plain

 

 

 

 

サブタイトルはまだ考え中ですが

 

~レベル1から始まった初任給3万円からの革命~

 

にしようかな~と思っています

 

今後ともペコ革をよろしくお願いします(*'▽')

 

 

 

 

 

「次は長い未来があるといいね」

 

「…うぃ」