ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

訓練場:ペコラとオットーの家事分担

新婚当初、オットーの家事分担は、家にいるときはピンポンに出る

 

まとめたゴミを時々持っていく

 

オンリーで、基本的には家事はペコラの仕事でした

 

お金を稼ぐのもペコラの仕事でした

 

というのも、結婚当初オットーはまだまだ学生真っただ中

 

しかもそれからしばらく学生だったので

 

つまり

 

お金を稼ぐのはペコラの仕事だったんですね

 

ちょっと変わった夫婦と呼ばれます

 

子どもが生まれる前から、ちょっとづつ家事分担を移行していきました

 

産婦人科の先生が、妊娠中に注意すること

 

として、自身の経験をふまえて

 

「妊娠中は頼れる人には頼りまくりなさい。なんでも一人でやろうとすると、周りは一人で大丈夫なんだと思って必ずあとで苦労するから」

 

 

目がマジでした、はい

 

ということで、妊娠生活をきっかけに

 

オットーに色んな家事を手伝ってもらうようになりました

 

今はこんな感じです

 

 

 

 

f:id:pecorafujin:20180117083758j:plain

 

オットーが普通の会社勤めの人なら無理だったでしょうが

 

オットーは当時から学生&今も家で研究と言いながら本を読んだり

 

翻訳の仕事が入ったと言いながら、本代17万円ほどを払ったりする新米研究者です

 

基本、家にいてくれているのでこの家事分担が成り立ってるのかなぁと思います

 

最近はここに息子のエンゲルも入ってるんですよ

 

お風呂掃除はここしばらく、エンゲルがやってくれているので

 

ペコラの家事分担は、時々お昼ご飯、晩御飯、お菓子ストック、保存食作り、1階の掃除機かけ、水回りの掃除、春、夏、秋の洗濯、アイロンくらいでして

 

買い物もオットーが一緒についてきてくれるようになり(オーガニック生活始めてから徒歩圏のスーパーでは事足りないためでもあります)

 

朝ごはんはプレートご飯だと作ってくれるようになり

 

お昼ご飯も時々作ってくれるようになり

 

冬は、洗濯をしてくれるんですよ(寒い冬に外に出たくないペコラ、感涙です)

 

あと、二階の掃除や窓拭き(これも冬寒い)

 

そして、洗い物!

 

食洗器はあるものの

 

食洗器の掃除が面倒でペコラは使わなくなったのですが

 

マメに掃除して、使ってくれてます(さすがA型だねっ!)

 

あと、洗濯ものを一緒に畳んでくれたり、掃除機のあのゴミが貯まったのを取り換えてくれたり

 

掃除機の吸い込み口を時々掃除してくれたり

 

そしてゴミの分別をしてくれ、ゴミ出しをしてくれるようになり(感涙)

 

えーっと

 

上記の約70%くらいはペコラが苦手とするものです

 

そして、オットーはこれらが100%苦ではないと言うんですよ…

 

寒い日のゴミ捨てとか、洗濯とかほんと大変なんです

 

ペコラにとっては

 

半泣き行事に入るんですけども

 

人によって苦手な家事と、得意な家事は違うようで

 

オットーは家事分担、自分は25%もやってないと思うと言い

 

ペコラはせいぜい自分は25%くらいしかやってないと言うのですよ

 

なんか面白いです

 

好きな家事だと負担が少ないからか、そんなにやってるように思えないんでしょうかねぇ…不思議

 

あ、オットーは近所付き合いなども苦手なようで、ストックご飯つくりやこの近所付き合いは自分は絶対にできないと言います

 

ペコラは反対に掃除機や食洗器の手入れができません

 

確実に壊す自信があります

 

 

 

 

この日々の家事とは別にピカピカDAYと言う日を設けています

 

そんな日がなくても毎日ピカピカの部屋で生活できたらいいんでしょうが

 

へへへ…無理です

 

なので、時々ピカピカDAYと言う雑巾でいろんなところをふきまくる日を設けています

 

オットーが何やら難しい本を読みだして、息子エンゲルが幼稚園生活をエンジョイしている頃を見計らい

 

 

 

 

 

 

 

 

いけるところまでふく

 

 

 

 

 

 

 

そしたらなんか家の中の空気がきれいになった気がします

 

へへへ

 

オットーが色々家事をしてくれるお陰で、そんな余裕も生まれた今日この頃です