ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

クエスト30:クローバー牧場の特別牛乳を飲んでみよう

あれはまだ妊娠中の頃

 

ずんずん進むのは木津川市の竹林をちょっとすぎたとこ

 

「無鉄砲のラーメン行く前によろっか~」

 

車を運転中のオットー

 

この日は久しぶりの外食

 

と言うのも、つわりでご飯はちょこちょこ冷えたおにぎりやオットー特性フライドポテトくらいしか食べれなかった日が続き

 

やっと回復して、小食な女性くらいのご飯を食べれるようになっていたので、久しぶりのペコラの好きな無鉄砲の豚骨ラーメンを食べに出かけました

 

ハクイに教えてもらったレアなすごい牛乳を買いに行きます

 

にしても、いつものラーメン屋さんの近くにそんな特別牛乳とか言うレア牛乳があったとは

 

まぁ、レアだとどこの世界だとお値段高いが当然なわけですけども

 

「え?この道???」

 

と言うような道を走っていくと

 

なにやら鶏さんの匂いを通過して

 

一軒の家のようなところを左折すると

 

出てきました

 

京都の特別牛乳

 

クローバー牧場

 

 

 

 

 

 

 

…って

 

お店はあるけど人がいなぁぁぁぁい!!!

 

と思ったら、インターホンを押してください、とな

 

ちょっとまってくださーい!の声のもと

 

お姉さんが登場

 

うんうん

 

なんかこのやり取りいい感じ

 

ホクホク

 

 

 

 

 

「うち初めてですか~?良ければどうぞ!」

 

と差し出されるは、まさかの牛乳の試飲

 

すごいぞ

 

なんだか、本当に牧場にきたみたいだ(ここ、クローバー牧場)

 

でもぱっと見ると規模も小さそうで、牛さんもいないような…

 

にしても、良い笑顔で牛乳渡してくださるんだなぁ~

 

 

 

 

 

どれどれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ペコラそう?なんか牛乳っていうかさらっと…飲んだことのない味がってペコラ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

牧場物語

 

最初はただの白い牛乳しか出してくれないあの子

 

次々と牧場物語のソフトが出る中で、まず最初の喜びと言ったら

 

ずぼっという音のもと、一番大きいサイズの牛乳がでた時

 

そして徐々に

 

レベルが上がっていく牛乳

 

金色になっていく牛乳

 

品評会で優勝した牛さんから出る牛乳

 

愛情いっぱい(毎日声掛けブラシに、そして搾乳、時に放牧、夜までに牛小屋に帰してあげる)

 

たまに間違ってカマなんかが牛に当たると泣きたくなるあのいたたまれない、ごめんよぉぉぉぉぉぉ!という謝罪(伝わらないけれど)

 

たまに雨の日、長年プレイしてるとやっちまった最大のミス

 

それは台風の日にまさかの前日から放牧で牛さんほったらかし…

 

あぁ…あろうことかセーブは10日前にしかしていない

 

泣く泣く10日前に飛ぶしかない

 

そんなこんなでハートがいっぱいになって…

 

病気になった時用にまだお金もカツカツの時からスタンバイしているおくすりも

 

そう、それらすべてから生まれたあの牛乳

 

思い出せ

 

あの最高の牛乳いくらで出荷した

 

そう、確かXサイズで800円だからわざわざチーズに加工したんじゃなかった?

 

そうだそうだ

 

ヨーグルトメーカーとか買ってたんじゃないの?

 

すんごい初期費用かけて

 

牛乳、こんなに大変なのに300円なのぉ~~~~~?!って思っていなかった

 

しまいには卵と合わせてプリンにしてお金稼ぐしかないって…

 

 

 

 

 

「はっ…牛乳の横にヨーグルトが…」

 

「これもうちの牛乳で作った商品で、隣はアイスもありますよ~」

 

 

 

 

 

ゴールド牛乳はもっと高く売ってた気がする

 

それでも、こんなに今までがんばったんだから当然だと思ってたのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

「いかん、なんでリアルに買う側になるとこうも自分勝手な判断を…牛さん…」

 

だめだ

 

クローバー牧場の牛さんイラストがもう牧場物語初期のSFCのあの牛さんにしか見えない

 

 

 

 

 

「牛さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」

 

 

 

 

 

 

うぅぅぅぅぅううぅぅぅぅぅ

 

ここにいた、牧場物語の牛さん

 

ごめんよ、高いとか言って

 

むしろ良心的ではないか、質のいい卵と混ぜて1500円とかじゃないじゃないか

 

牧場物語より、現実の方が良心的じゃないか

 

「ぺ、ペコラ?」

 

「あぁ、ごめんごめん、うん、きっと牧場物語のゴールド牛乳ってこんな味だったんだろうねって今思った」

 

「え…?あぁ、あのいつもペコラが楽しそうにしてるゲームの…」

 

「いや、もう失礼だよね?だいたいさ、牛さんって牛小屋の入口とかにつっかえて外に出したり、中に入れたりで結構な時間を使ってるのに、最初出たー!と思ったら確か125円とかだったような気がするのよ」

 

「う、うん?(入口…???)」

 

「あぁ、なんか泣けてきた」

 

「ペコラ、オットーは会話についていけないよ」

 

「うん、独り言。ペコラ牛さんの牛乳買うために頑張る」

 

「…ん?(牛からはそりゃ乳が出れば牛乳だとも…)」

 

「今、すごく反省してる。うんここの牛乳おいしいね、言うなればここの牛小屋は全部ゴールドミルクが出る牛さんばっかりってことなんだと思う、しかも牛さんの品評会で苦労して優勝したクラスの牛さんだね、ここ」

 

「う、うん?」

 

「それって…もう

 

 

 

 

神プレイヤー!そこに敬意を払わずなんとするか!」

 

 

 

 

 

 

「えぇぇぇぇぇぇぇぇ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「むしろ、買わせて頂けることがありがたいわけですよ」

 

「……そうですか」

 

と言うわけでその日に買ったのはこちら(ちなみに今から約4年前の写真です、家は変わってませんが家具等違いますがご容赦を)

 

f:id:pecorafujin:20180118123434j:plain

 

これはちょっと買いすぎました

 

もう牧場物語の牛さんにしか見えなくなってちょっと

 

牧場物語メニューを贅沢にも楽しみました(だって飲み切れなかった、まさか料理に使うなんて)

 

で、それからここまでの量は一回で買いませんが、時々買いに出かけてます

 

 

 

 

 

で、スタンプカードがあるんですよ、クローバー牧場さん

 

最初はヨーグルト(かなり嬉しい)

 

そしていっぱいになるとこの大きい方の牛乳が1本もらえます

 

この…このおいしさで頭の下がる商売ですとも…

 

電話をしたら発送もしてくれました(送料は別にかかりますけれども)

 

牧場物語の牛乳と名付けて妊娠中から楽しみました

 

 

 

 

ペコラの経験値が30上がった!

オットーの経験値が5上がった!

 

ペコラは特技 牧場物語化を覚えた(使えば何でも牧場物語の世界のものに見えるよ)

 

f:id:pecorafujin:20180118101416j:plain