ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

忘れられた塔:レバレッジ400倍の意味を知った時のペコラの反応

「どうしようもない馬鹿だとは思ってたけど、お前マジ頭やべーな」

 

ハクイにRPGアイテム

 

レババッジ(装着するだけで持ち金ゴールドが増えるアイテム)と思っていたものを

 

本当はそれはレバレッジという名前だと

 

オットーに教えてもらったいきさつを話した話をしていたペコラ

 

「あんたがあんたがバカだバカだって言うから、本気でバカになったのかもしれないよ」

 

「ちげぇ、お前は説明書系よまねーからバカなんだよ、文字を読め文字を」

 

「いや…面倒でさ」

 

「…そんだけやべー状態になってもお前は変わらねぇのか…」

 

そんなに呆れられても

 

だって

 

今の時代の説明書って分厚くない?

 

分厚すぎない?

 

なんで、冷蔵庫一つにあんだけ分厚い説明書があるのか

 

あぁきっと昔と比べてなんかボタンとか機能が増えたからなのか

 

冷える、凍る

 

でいいのに、機能

 

「で、お前それオットーに意味教えてもらったのにへらへらしてたのかよ」

 

「は?」

 

「いや、逆切れすんなよ」

 

「ちょっと待って。あんたはこのペコラが、レバレッジ400倍かけた意味が説明受けても分からなかったと思うわけ?」

 

「…

 

 

 

 

 

 

 

わかんねーだろ、お前」

 

 

 

 

 

 

「…失礼を通り越すと、なんかこっちが冷静になるよ」

 

「じゃあ説明してみろ、今…おい、グーグル検索しようとしてんじゃねぇ」

 

「いや、一応確認を…」

 

「やっぱ分かってねーんじゃん」

 

「いやいやいや、分かってるよ?ようはアレでしょ。レババッジは、お金もどどんと増やしてくれる魔法のバッジなんだけど、ちょこっとでも下がったら持ってるお金、つまりつまりペコラの場合の全財産107万円が0円になったり、借金持ちになるって話よ」

 

「…一瞬でな、分かってんのか?400倍もかけてたら、普通いきなり無一文になんだよ」

 

「うん、アレでしょ。0.25円動いただけで全部吹っ飛ぶって。えーっとロサンゼルスだよね」

 

「は?」

 

「だから、そんだけ動いたら強制的になんか売られるんでしょ?」

 

「………お前、それをなんていった?」

 

「ロサンゼルスでしょ?ほら、やっぱりFXってアメリカ発祥だから」

 

「……お前さ」

 

「なになに?あ、そんでそのロサンゼルスが0.25円でかかるから、100円から0.25円動くだけでも危なかったっていう話を聞いてね」

 

「待て、まずお前は正しい言葉を身につけろ。お前投資家って名乗りたいなら、投資用語くらい覚えておけ、ロサンゼルスからロスまでイメージできても間違ってる、ロスじゃねぇ

 

 

 

 

 

 

 

ロスカットだ」

 

「あぁそれそれ、知ってた知ってた」

 

「…ほう」

 

「いや~そんな金額一瞬で確かに動いてた、うんうん。でもペコラはあの時意味が分かってなかったから、ものすごーーーいちっちゃい利益でもポンポンたぶん押してたんだよね」

 

「…で、へらへらしてたのか、たいしたタマだなお前」

 

「え、いやぁ~…さすがになんか4億円とか途中から20億円とか動かしててさ、一歩間違ったら借金人生だったんだって知った時はさ………」

 

「なんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もらした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「は?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「『は?』とか言わないで!傷つくから!だからっっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしっこ漏らしたって言ってんでしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、そんな可哀そうな子を見る目で見るのやめてくんない?」

 

「いや、お前…お前仮にも恋人の前でもらしたの?」

 

「えぇ、気付いたらとめられ……ってちょっと。声殺して笑うとかやめてくんない?」

 

「だっ……ひっ…わり……お前マジかっ…」

 

「なんていうの。レババッジの意味を理解して、その時の金額みた瞬間血の気が引いて、生まれて初めて冷や汗かいて、あ、あれって本当に汗が水みたいなんだよ」

 

「いや、それたぶんお前の体温が一時的に下がってるだけで…」

 

「で、頭真っ白になるとかじゃなくて、頭が停止して、気付いたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出てた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わりぃ、笑うしかできねー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いや、それでもペコラに愛想つかすことなく、結婚してくれるオットーなんだよ。ふふん」

 

「いや、まじやべーまじすげー。つうか俺そっこー『きったねぇっ!』って言っちまうわ」

 

「…アンタ、だから結婚できないんじゃない?」

 

「いや、待て。お前その言い方だと結婚してる男はみんなおくさんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前で漏らした経験あんのか?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「い、いずれ介護問題がでるかもしれませんから…その、耐性はあった方がいんでない?!」

 

「やべーは、まじやべー。つうかお前さっき『は?』って言うの傷つくって言ってんけど、お前俺に相当そうやって罵倒してきてっからな?!」

 

「アンタはいいのよ、大阪的ノリでさ」

 

「…大阪的ノリはお前の夫だろ、夫」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

レバレッジの意味を知ったペコラはもらしました

 

てへ

 

開き直るよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もらしたけど?ふふん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

 

f:id:pecorafujin:20180209105310j:plain

 

え?あと処理?

 

オットーがしてくれてたよ

 

うんうん

 

 

さすが下に2人いる長男は違うよね

 

慣れてるよね

 

優しいよね

 

こうしてそんなこんなも乗り越えたオットーとペコラの愛は…

 

 

 

 

 

 

 

「おい、最後に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美化すんじゃねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前がもらしたってだけの話だろ」

 

 

 

 

 

「ちょっと!あんたそういう、下品な話でまとめないでくれる?!」

 

「下品なのはお前だろー?!」

 

「何よっ生理現象っておっしゃい!」

 

 

 

 

 

そんな日もあった

 

ペコラでした

 

最後に

 

お食事中のみなさま申し訳ありません

 

そして、お上品な皆様もう申し訳ありません

 

え?

 

最初に言えって?

 

次から気を付けます

 

へへへ、呆れず今後もペコラをよろしくです