ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

訓練場:自慢の息子エンゲル〜ピーマン〜

ママ友と一般的に呼ばれるであろうものが多分ペコラにもできた

 

と思う

 

みんなよくしゃべる

 

うんうん

 

しばらく立つと、だんだんみんな子供のおそらく自慢話になっていった

 

例えば

 

1歳から英会話を習っていて、スゴイとか

 

いろいろ

 

そんなふうに、みんながおそらく自慢話と言われる類の話をしていると

 

最初に話した人から基本、反時計回りに順々に自慢をしていかないようなルールができた

 

ほうほう

 

下らない?

 

そういう人は、多分その場から徐々に離れていくんだと思います、はい

 

そういう会話のときは、前置きがあって

 

だいたい

 

「ちょっと自慢に聞こえるかもしれないけれど」

 

みたいな枕詞が入ります

 

そこから、みんな日頃溜め込んでいる話に入ります

 

うんうん

 

で、こう言われます

 

「ペコラさんところのエンゲルくんは?」

 

基本、聞き役に回っているのと

 

人数が5人以上いれば

 

特に話さなくてもバレないだろうと思っていたのですが

 

たまに気づく人がいるわけで

 

うんうん

 

ここ最近もそんな会話がありました

 

最近の息子エンゲルの自慢

 

聞いてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:pecorafujin:20180227130434j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うちの子、ピーマン生で食べれるんですよ☆(もちろんドヤ顔)」

 

すごくないですか?

 

ねぇねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのこすごくないですか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、自分がそんなこと死んでもできない子供だったので(ピーマンは焼いてくれないと無理でした)

 

もう本当にすごいなぁと思っています

 

生ですよ?

 

ピーマン生ですよ?

 

しかもバリバリいくんですよ?

 

すごすぎませんか

 

しかも

 

「おいしいわぁ」

 

と、感想つきですよ

 

どんなご飯を普段食べさせてるんだと聞かれそうですが

 

多分、定食屋さんの油や塩を減らした感じのご飯

 

うんうん

 

地味なご飯に時々たま木亭のパンやら無鉄砲のラーメンが入るくらい

 

うんうん

 

めっちゃ地味ご飯

 

エンゲルの自慢ポイントは好き嫌いが今のところないところ

 

生のトマトのぶちゅっは苦手みたいですけども

 

プチトマトはなんとか…うんうん

 

こういう野生児に育てたかったんですよ

 

いずれ、息子含め家族で無人島で1ヶ月とか暮らしてみたいです

 

サバイバルな感じで(わくわく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか

 

笑われてしまったのですけども

 

あれか

 

英語や習い事各種がきっといるんだろうな、きっと

 

うんうん

 

でも

 

生ピーマンがっつきながら

 

オットーと2人でそんなエンゲルを見ながら笑ってる時間が幸せなペコラでした

 

自慢話を聞いてくれてありがとうでした(・∀・)