ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

カジノ:アメックスのセンチュリオンカードとJPモルガンのパラジウムカード〜所有者はビット〜



「へへ、どうせ写真撮るならペコラのイラストと、ついでにペコラの好きなクリッパンのブランケットも一緒にうつさないと…」

 

できたできた

 

こんな感じで



f:id:pecorafujin:20180305091812j:image

 

「ペコラ…何してんの?」

 

「あ、オットー!ビットのこのなんとかって言うクレジットカードの写真撮らせてもらってるのよ、ついでにこっちがペコラのイラストなんだけど、いや〜カードの絵って難しいね、へへ」

 


f:id:pecorafujin:20180305092345j:image

 

「……ペコラ、ねぇ、ちょっとタイトル見せてくれる?」

 

「どうぞどうぞ」

 

「…ビットの無駄に重いカードとイラスト……」

 

「うん、なんかよく分からないけど、このカード無駄に重いよ?」

 

「ペコラ」

 

「どしたのオットー」

 

「ちょっと今日は、オットーの言う通りにブログのタイトル書いてくれなる?」

 

「え?なんで?無駄に重いクレジットーカードの重さまで測ったからそれの写真ものせた……」

 

「ペコラ!このクレジットカードはそんな大阪的ノリではい撮ったー!あっはっはー!って

 

 

 

 

 

笑いをとるカードじゃないんだよ?!これ持とうと思ったら資産最低でも30億円いるんだよ?!」

 

 

「なんで?クレジットカードってオットーもよく作ったりしてるけど、むしろポイントとかもらえるんじゃないの?」

 

「ペコラ…世の中には、いくらお金を持ってるかで持てるカードと持てないクレジットカードがあるんだよ…それとこれは無駄に重いカードじゃなくて、アメックスのセンチュリオンカードと、JPモルガンのパラジウムカードって言う名前がついてるよ」

 

「あぁ、パラジウムだから重いんだ、ナルホド」

 

「…いや、だからこれ作るのには最低でも30億円いるって話でね?聞いてるペコラ?」

 

「そうなのビット?」「すいません、ビットさんこんな大事なクレジットカードを…ってペコラぁぁぁぁぁぁぁ測りにのせないでぇぇぇぇぇぇぇ」

 

「いいよ、何グラムあるのそれ」

 

「25と16グラム!あ、オットーのプラスチックのクレジットカードは何グラムあるのかな」

 

「あとね、ペコラ。せっかく写真撮ってるところ悪いけど、この画像は載せない方がいいと思うよ。ビットさんの名前ものすごく出てるよ」

 

「じゃあ、こんな感じでペコラシールもどきで…あ、長さが足りない!こんな感じどう?」

 

 

 

 

 

「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁ神聖なパラジウムカードがぁぁぁぁぁ」

 

 

 

 

 

 

「別に僕、名前がネット上に出ても構わないよ?それよりその声、不快だね」

 

「え?危なくないですか?だってこんなお金持ちの証明みたいなカードで住所とか、名前とかでわかる人もいるんじゃ…」

 

「問題ないよ。僕は全然、社会と関わってないからどうにもならないよ」

 

「え、でも住所とか家とか知ってる人いたら!」

 

「今の家は、海外でつくった法人名義だし、そもそも僕の名前はそこまで辿らないと分からないからねぇ。それでも。向こうの弁護士の名義貸しで会社も作っているから、どうしようもないだろうねぇ」

 

「ねぇねぇオットー!それよりこっちのカードも25グラムあるよ!2枚合わせて40グラムだね!結構な重さだよね?」

 

「…ペコラ…ビットさんの話聞こうよ、あの、質問してもいいですか?」

 

「どうぞ」

 

「このJPモルガンのパラジウムカードって、前にネットとかで調べたら30億円の資産は最低でも必要って読んだんですけど、実際どうなんですか?」

 

「そっちのカードはできたばかりの頃に案内が届いて作ったからねぇ。30億円の資産を準備して、わざわざ作るようなものでもないでしょ」

 

「そ、それってお金持ちの人の資産が企業に情報がまわって共有されてるっていうアレですか?!すっげぇぇぇぇぇぇ!」

 

「僕あてにきたわけじゃないよ」

 

「えっ?!」

 

「家族にお知らせがきてね。特典がまぁまぁ魅力的だったから、僕も入っただけだよ」

 

「…そんな百貨店のクレジットカード作るようなノリで…」

 

「お得じゃないと使う意味も持つ意味もないからね」

 

「えっと…じゃあ実際家族で30億円ってことですか?」

 

「さぁ?」

 

「さぁって?!」

 

「僕は自分の家族がいくらの資産を持っているか知らないからねぇ。ただ、僕一人でもそれくらいは預けてるよ」

 

「さ…30億円を?」

 

「厳密に言うと、円ではないけれどね」

 

オットーは頭を抱えました

 

「ビットはそのお金何に使うのー?」

 

「君なら何に使う?」

 

「30億円?それとも300億円?」

 

「どちらでもいいよ」

 

「そうだねぇ〜今の生活が特に変わらないだろうから…」

 

「いやいやいやいやペコラ?!まずは邸宅に引っ越しでしょう?!そ、それでシルバーシーとかのクルージングに行ったり!あ!エンゲルの教育費!そう教育だよ!なんかスイスのすんごい学校とかに入れて…」

 

「オットー…なんか夢がないよ?」

 

「えぇぇえええぇえ?!なんで?!」

 

「君は何に使う?」

 

「きっと、生きてる間に何に使おうかな〜って楽しみながら今の生活をして、気づいたら死んでるんじゃないかな」

 

「ダメダメだめだよペコラ!それこそ夢ないよ?!」

 

「夢が見れる状態が、生きてる間ずっと続くって夢あるよ?」

 

「そうだね」

 

「そうなんですか?!」

 

 「夢は幻だからね」

 

「ねぇねぇオットーこっちの黒いカードなんて名前だっけ?」

 

「アメックスのセンチュリオンカード、そっちはね、年間の維持費が高いことで有名だよ」

 

「維持費って?」

 

「入会がまず50万円くらいかかるって噂だし、年間費に40万円かかるらしいよ」

 

「…なんで???」

 

「…そ、そりゃ特典がきっといろいろついてくる…んですよね?」

 

「国によって特典は違うけどね?」

 

「と言いますと?」

 

「そのカードは、イギリスで作ってるからね。年会費も日本とは若干違うよ」

 

「イ、イギリスですか?!」

 

「そうだよ」

 

「ビットってよくイギリスに行くっけ???」

 

「行かないねぇ」

 

「えっと…なんでイギリスで作ったんですか?」

 

「特典が違うからだよ」

 

「た、例えば?」

 

「例えば、君たちの家に遊びに来る時、僕はお茶を持参しているわけだけど」(以前書いたビットの茶筒みたいなタイトルのブログを参照してください)

 

「うんうん、お店に持ってくぶっちゃけ失礼な気もするお土産だよね」

 

「僕、紅茶が好きなんだけどね」

 

「そ、それで?」

 

「紅茶の購入は、勿論人に任せているんだけれど、決済は僕のカードでしないといけないでしょ?」

 

「つ、ツケとかじゃないんですか?!」

 

「イギリスに住んでいたら可能かもしれないし、日本の業者を経由すれば可能だろうけど、僕は間に企業を通さない買い方をするからね」

 

「よく分からないですが、そ、それで?」

 

「決済する時にこのカードだと、とびきり良いお茶を送ってくれるんだよ。わざわざ現地に行かなくても、業者を通さなくても。勿論、現地の王族や由緒正しきお貴族様クラスではないだろうけどね」

 

「…えっと、つまりビットさんは紅茶のためにそのアメックスのセンチュリオンカードをお持ちになっていると???」

 

「現地に行かずに、自動的に最高のものが送られてくるからね」

 

「ぶっちゃけ権力カードみたいな感じ?」

 

「そうだね、王族でも公家でなくても、ある程度まで上質なものはお国柄があるけれど、手に入りやすいね日本にいても」

 

「俺はてっきりなんかもっとすんごい特典があるのかと思ってました…」

 

「例えば?」

 

「…なんかお金の儲かる情報とか」

 

「そうだねぇ〜みんながみんなそうではないだろうけれど、このへんのクレジットカードを正当なルートで手に入れている人は、恐らくもう資産を増やすことはそこまで重要視してないと思うよ」

 

「そうなんですか?!」

 

「僕は少なくとも。それよりお金があってもどうしようもないものを超えたいよね」

 

「といいますと?」

 

「紅茶一つでも、イギリスの商品は階級社会だからねぇ。コネでもない限り上質なものは階級の上の人が持っていくよね?階級は基本的にどうこうできる問題でもないし、でもそれをある程度までならどうにかしてくれるカードがこっちだね」

 

「じゃ、じゃあこちらのパラジウムカードは?」

 

「それは著名人や一部の著名人が集まるような会の招待状がたくさん届くんだけど、仕事に使ってるよ」

 

「え、ビットって仕事してるの?!」

 

「時々、人に会う仕事をしているよ」

 

「あ〜それどんだけ儲かってもペコラ無理だわ。できる限り人に会わずに家にいたい」

 

「で、でもビットさん社会とつながってないって言ってませんでした?!」

 

「書類上は社会と繋がってないよ」

 

「ねぇねぇオットーみてみて!重さの写真とったよ!」

 

「ちょっ…そんな前代未聞なJPモルガンのパラジウムカード様の扱いしないでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」 

 


f:id:pecorafujin:20180305101337j:image

 


f:id:pecorafujin:20180305101347j:image

 

 

なんかすごいクレジットカードです

 

ちなみに

 

最初にペコラが撮っていた写真(重さ)

 

は、このタニタの測りがちょこっとどろっとしていたので

 

オットーが、瞬く速さできれいにしてくれました

 

測りがぴっかーんとなったので

 

今日はケーキでも焼こうかと思います

 

ペコラでした