ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

訓練場:夫の誕生日を祝うご飯作り〜ペコラの考えはうまくいかないの巻〜

オットーの誕生日がやってきました


北海道の旅行から帰ってきて



次の日買い物に行って






ばったんごっとんなっている中の誕生日です



うんうん





4月の誕生日、進級前やらなんやらで




季節の変わり目のばったばたの時で











いつも余裕のない誕生日の迎え方です









ものすごく、ギリギリのケーキ作りでしたので




へへへ、今回は手抜きのタルトの型(既製品)





を使った、簡単ケーキにしたかったのだけれども





チョコケーキ作りました









「わーい!食べていい?」











と、狙うのは我が息子











f:id:pecorafujin:20180325171918j:plain










にょきっと顔を出して



確実に狙いを定めているのはケーキ





うんうん




さすが我が息子






ペコラ、一人っ子なんですけども



兄弟姉妹の多い家の何が羨ましかったって、それだけケーキ食べれる回数が多いことが何より羨ましかったような…




うんうん




じゅる








そして、北海道でたんまりと海鮮を買ってきたので、今日はそれらを使って誕生日の特別メニューです









「ふっふっふ…今日も海鮮でしょう!むふふふ」





「あの…ペコラ…」




「どしたのオットー?」





「ちょ、ちょっと北海道から海鮮続いて飽きたかな?」








「え?」












「ご、ごめん…ちょっと海鮮ばっかりはちょっと…あ、あの麻婆豆腐とかはどう?」




「え、誕生日に麻婆豆腐???」





「エンちゃんはマグロがいいな〜」(北海道からのお土産にそんなもんはありません)








「う、うん、なんかこうあっさりとピリ辛の、ほふって感じのが食べたいな」




「エンちゃん辛いのいやー」














こうして、普段のご飯と変わらない食事をとったオットーでした



ちゃんちゃん