ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

銀行屋:お土産によるお土産返しの術

お土産をわーいわーいとただただ喜んでいた幼い頃のペコラ


その裏ではせっせと親がお返しをしているかとなんて、ある程度大きくなるまでは知らず



ただただ、ペコラにおいしいものや綺麗なものをくれる人は、世の中にいっぱいいるもんだーと思っていたあの頃



学生になると、お土産やら誕生日やらで同額くらいをお返しにし合うことを学んでいったペコラ



うんうん



学生の間なら、せいぜい家族や友人、もしくは当時の恋人のオットーとかに渡す程度だったので



どんなものが好きで嫌いかとか



金銭的な価値観とかをだいたい既にわかった上でのブツブツ交換ですんだのだけれども






f:id:pecorafujin:20180410191942j:plain







息子のお母さん関係やましてやその家の好みなんて






わかんなーい







最初に、苦手なものやアレルギーとかは聞いているけれども




どうしたもんか




ということで、前回の北海道でのお土産も、いくつかのグループにわけていくつか買ってみました




Aグループ〜500円以下のお菓子系〜

卵アレルギーのお子さんがちらほらいるので、卵なしのもの

これは、旭山動物園や道の駅などで調達


Bグループ〜1000円前後のお菓子系〜


これもアレルギーなどには注意をはらって箱入りのものを
うんうん、ついでに日持ちしそうなもの


Cグループ〜2000円くらいのお菓子系〜

1つで2000円くらいのもの、お菓子ではなくて、今回はソーセージなどの詰め合わせ系にしました


BとCは少ないのだけれども500円コースは多めに買って準備万端です


あとは、現地で買ったカードに一言書いて、添えてOKOK



うんうん



こうやって、この約1週間くらい


幼稚園が始まったあとのお土産交換会のようなものを乗り切りました


…うんうん



2000円くらいのものはいらないかなーと思っていましたがあって良かった


タオルなどのお土産の人は誰もいなかったので、最悪自分用に買った旭山動物園のタオルを…と思っていたのですが


自分用に無事開封できました


でへへへ



良かった良かった



みんな食べ物だった




次のピークはおそらく夏休み


次からも食べ物でいこうと思うペコラでした