ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

宿屋:つわり時の間違ったオットーの愛

久しぶりのつわりです


二回目なので、へっちゃら〜慣れは最大の武器


と思っていたペコラでしたが、つわりの種類が違いました



エンゲルの時は、まさにつわりらしいつわり


吐きつわりとひたすら寝る感じでしたが




今回は






食べつわりと、匂いつわりのダブルでやってきました








つわりいらっしゃい!









始まったばかりなので、まだまだ序の口なのかもしれませんが







胃の中がたぶん空っぽっぽいと気持ち悪くなるそうなので





なぁ〜んだ、じゃあ1日好きなもの食べておけばいいじゃないか




余裕、余裕と調子をぶっこいていたところ






「うっ…」








なんとびっくり




匂いに吐き気が




およよよ









ちょいまてぃ








結局食べれないわけ?











よく、ご飯のたける匂いが


とか言いますけども



ペコラの場合は、なんか冷蔵庫の開け閉めやらゴミ箱のふたがあいただけでも






「うげぇぇぇ」









とな





はっはっは





うそん






そんな中、少しでもオットーがペコラが食べれるようにと作ってくれました!

f:id:pecorafujin:20180407103815j:plain






たっぷりのバターたっぷりでいためたバターライスの上に



牛肉と豚肉をこれでもかというほどのごま油でいため



小さな野菜がころん



そこにすき焼き風を意識したのか




大量の砂糖と醤油であじつけ(いや、ごま油でいためられているけれどもね)






「ペコラ!しっかり食べていっぱい寝てね!」











うんうん、愛されてるのね



うんうん




普段のペコラなら好きですよ




北海道に行った時に



バター多めに買ったから、バターライスなんぞ贅沢に作って



おいしいおいしいって食べてましたし



すき焼きも好きですし



牛肉も豚肉も好きですよ?



うんうん



ごま油も好きですよ






普段なら







で、でも



ここで




心の声をどストレートに





「こんなもの食えるかぁぁぁぁぁ」




と言うと




ちょっと明治時代とかの、亭主関白ちっくになってしまう




説明しようにも



口の中がどろっと気持ち悪くて説明するのも嫌だ


口を開けるのも今






心底嫌だ




辛いっす










そして充満したごま油に






「うっ」








トイレにかけこむしかありませんでした








そして






「ペコラ!吐く前に少しでも食べて!」







トイレに持参される謎の丼ぶり






なんでやねん







つっこみたいけど気持ち悪いので






つっこめなかったことが、心残りのペコラでした