ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

訓練場:エンゲルとオットーの褒め時〜褒め方は難しい〜

オットーにありがとうと言うと



最近、やや離れた場所にいるエンゲルでも走って飛び込んでくる



そして決まって





「エンちゃんもほめて!」





と、便乗してくる







f:id:pecorafujin:20180428095148j:plain







ふと、最近




そんなに自分は、母として




息子ことエンゲルを褒めていなかったのだろうかと考えてしまい





もんもん





こんなふうに、地獄耳みたいにありがとうに反応して飛び込んでくるなんて





もしかして、ペコラの褒め方が足りないんじゃ…





そういや、赤ちゃんの時は歩いただけでも褒め称えたけれども






チラッ





いやいや、4歳で







「うわぁ〜!エンちゃんすごいね!上手に歩けてるね!」




ってのも違うわけで





そうだ、最近エンゲルができたことを




そうだ、成長過程で褒めるんだ、成長過程




ここ最近のエンゲルの成長といえば…





えーっと




えーっと





あ、幼稚園に泣かずに行かなくなったね!




いや、でもそれは年少の後半くらいからだし…




うーんうーん





身長が伸びた???




いや、それ褒めるポイントのなかな




えーっと…



そういえば、少食の子が年中さんになってよく食べるようになったって喜んでるお母さんいたなぁ



いや、でもうちはそもそもオデブゾーンを心配しないといけないくらいよく食べるし…




よく走って、疲れてがーがーよく寝るし…



頑丈…なのは元からみたいだし



えっと








最近褒めてない?!





これはいかん!



このまま2人目が生まれて、ハイハイしました〜とかで手をたたいて喜んでたら




確実に赤ちゃん返りするのでは?!




よし、成長を褒めよう!



の前に、成長を見つけよう!




じーーーーーーーー




それからエンゲルを観察してみました




年少さんと比べると





まず





声が大きくなったね(耳痛いレベルで)



言葉遣いがクレイジーになったね(幼稚園行き始めてから)




いやいや



なんかまともなもの…まともなもの…















「エンちゃん!最近力持ちになったね!すごいね!」






思いついたエンゲルの褒めポイント



そうだ



ものすごい思いロイヤルキング城、他多数のレゴが入った塊を自分で運んでるじゃないか!



うんうん



軽々と重いものを持ち上げれるようになったし!




「…むふふふ、エンちゃんマッチョー?」




「(マッチョ?)う、うん!エンちゃんマッチョだね!」




「そっか〜!ぐふふふ、よし、まーま?今からエンちゃん







筋トレするわ!」





「はい?」




「エンちゃん行っきまーす!ジャンピングジャック!アドリミナルクランチ〜!」







ドスンっ!ドスっ!












それは、オットーが筋トレで使ってるアプリのトレーニングメニュー




…家の中でドスンドスン始めたエンゲル




…なんだろう




なんか違うような



なんだろう




何かが違うような




「…ねぇねぇペコラ」




「どしたのオットー?」




「最近ね、オットーも筋肉ついてきたと思わない?!ほら!もう今まではいてた服とかパンツとかきっちよ?!」



「あぁ、はいはい買い替えですか?」



「いや、それはありがたいけどそうでなくて、そのオットーも頑張ってるなというか…」




「パーパ!一緒にジャンピングジャックやろうぜっ!」




「おうエンゲル!行くぞぉぉぉぉぉ!!!」














褒め方は難しいととことん感じたペコラでした