ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

銀行屋:ペコラの1年間の美容費代〜この顔にいくらかかっているのか〜

ペコラの初めての化粧品


それは、確か中学生の時に安物を使って肌を悪くするよりは…



と、当時近所のイズミヤというスーパーに入っていた資生堂で一式買ってもらった3万円くらいがスタート


突然連れて行かれ、誕生日とかそういう日でもないのに突然買ってもらったソレ



ペコラ母は、ものすごく楽しそうにそれらを選んでいて、ペコラはこれがいいとかそっちがいいとか、きゃっきゃうふふな感じはなく



それよりぶっちゃけエスカレーター手前にあった、広島焼きの屋台みたいなお店が期間限定かなんかであったから



そっち買ってくれないかなぁ…




と、ぼんやり思っていた




資生堂というお店のカウンターにいたお姉さんは、細くてきれいなお姉さんで




ペコラの顔に使い方の説明や、新色とかいう名前のものをぬりぬりしていった



そして最後に




「このクレンジングでお化粧を落とします、ゆっくり円を描くように落として…」




顔を洗うということが、お湯でばっしゃーじゃすまなくなった瞬間である




それからその、母に買ってもらった化粧品は中学を経て、大学に入学するまで持っていた



え?



だって







なくならないよ、アレ





高校生くらいになると、学校に化粧をする人もいたけれども




ペコラはする人種のわけもなく



ついに大学の入学式まで存在した化粧品



クレンジングとか洗顔は、それこそペコラ母が



ダブなら〜とかいうCMを見て買ってきたり、なんかスーパーで安売りしていたものを買ってきたり


高校生くらいになると、近所にドラッグストアができて、それをペコラ母が時々買っていたものが洗面所に並んでいた気がする




そして大学生



ペコラに、化粧品の消費期限があると教えてくれたのは、都会育ちコニー



化石化していた化粧品を見て叫んだのは言うまでもない



それまで、百貨店とかに行ったとしても(せいぜい人生で18歳まで5回くらい)




化粧品コーナーは1階にあった気もするけれど、当然素通りだったわけで



そもそも18歳まで、そのお店の名前が読めなかった



だから、コニーが持っていたたくさんの化粧品の名前もわからないわけで…



そんなペコラを、おんどりゃぁぁぁ!




と改革に導いてくれたのがコニーである





ランコム、シャネル、クリスチャンディオール、シュウウエムラ、マック(ジョブズじゃない)、アナスイ、ジルスチュアート、ジバンシー……




まだまだあった気がするけど思い出せない



コニーのポーチには、お菓子の入れ物みたいなケースに入ったそれらの化粧品がいつもいっぱいだった



大学の入学祝いにと、ペコラは実家からお祝い金と、通学用にとエールバッグというエルメスのバッグと、ロレックスのなんか時間がダイヤモンドのついた金と銀の時計、エルメスのベアンという財布を買ってもらっており



通学していた



コニーは、そのペコラのバッグや時計を見て、自分と趣味が合うかもと思って話しかけてくれたらしいけれど



中から出てきたのは化石化された化粧品




ポーチは高校の授業で作ったペコラお手製






ほぼ、初対面にもかかわらずコニーから出たのは









「アンタ何やってんの!」







バッグも時計も財布も母の趣味



正直、それがいくらするのかとか知らないし、ロレックスの時計に関しては



確かどんな時計が欲しいか聞かれて




「防水機能がついてるの」




としか、ペコラは答えていないはず



18歳の時のペコラはロレックスなんて知らない



もらった時、やたらとご立派な箱に入っていたので何が入っているのか謎だったのだけれども





さて、コニーの持論によると




エルメスやロレックスを持っていて



化石化された化粧品を持っている、使っているのは許せないらしい



次の日には、使わないから!まだ新しいから!




ろ、ペコラにたくさんの化粧品をくれた




ランコムのキラキラの粉が出てくる限定とかいう粉や、イブサンローランの香水や、シュウウエムラのなんかまぶたに塗るアレや


ランコムのマスカラが数本…



中には白いマスカラがあって



「…カビ?」


と思っていたら、それは下地というもので、繊維が入っていて、まつげをより長く見せるものだったり



まっ茶色のファンデーションみたいなものは鼻の横とあごらへんに塗るとか



まっ白でラメが入っていたのは、えーっと…ハイライトで目の下やらに塗るとか




「よく塗るなぁ…」




という感想が出るくらい、いろんなところに塗るものがあった



あ、あとケラスターゼ?ケ…なんとかのコンシーラー



コニーはそんな化粧品を、次から次へと買っていくので、使わなくなったものを大学時代はもらい



裕福な家の子どもが多かったので、海外旅行のお土産とやらに、それこそランコムやらのマスカラやシャネルやらのマニキュアをもらうことが増えた



もちろん、お返しも必要なわけで



うんうん




そういった方々に化粧品を渡すのはハードルが高いので、それはペコラの得意分野でお返しをしていた



そんなこんなで、結局クレンジングくらいしか大学でも化粧品代を使うことのないまま社会人になった





次は、清楚先輩や社長がコニーみたいな感じで同じような化粧品をボンボンくれたので




特に疑問も持たず使っていた




ちなみに



1度でも使った化粧品をもらった時はだいたい半額くらいのお返し


新品の場合は同額(免税店とかでの購入商品も値段を調べて)



だったので、化粧品代はお返し代だったのかもしれない




それから会社が潰れて





の頃はオットーと出会っていた





それに、その頃にはもう自分一人で顔面悲壮になりながらもイタリアやフランスやイギリスの空港に最終的には降り立ったので



化粧品に困ることはなく(お土産で買っていくと、みんなちょこっとお金を多めにくれたので、自分のものもそこで調達)





そして昨今





ペコラは気づいた








クレンジングしたくない







オイルクレンジング、クリームクレンジング、ダブ洗顔




どれもペコラは嫌い




面倒




結婚してからなんて、それらを理由にマスカラを塗らなくなった



お湯で落ちるとかあるけど、落ちない




それから、ペコラはクレンジングがいらない化粧品を探すことにした




そうすると、出てきたのはオーガニック



天然成分で作られている化粧品




北海道のHABAとかもあったし、それこそドイツ製のものあったけど




ペコラが落ち着いて、自分でお金を出して買っているのは







アムリターラというお店のファンデーション



軽く紫外線も防げる、美容液にもなる下地



など





石鹸の洗顔で落ちる化粧品を使うことになった




開封後、消費期限は半年だったりするけれども




だいたい一年くらいは使う





f:id:pecorafujin:20180602070529j:plain






基礎化粧品←化粧水とかクリームのことですな、女性がお風呂上がりや化粧前にになんかしている光景


→3000円の1割


ヴェルダとかいうスイス製のオイルを買ってオットーと半分こ



ペコラは年に10回くらい使えばいい方


300円



化粧品←塗る方ですな



→16000円



髪の毛美容液類→0円



洗顔用品




→2000円くらい





合計18300円





高いかやすいか男性には分からないかもしれない



ここで、ペコラの親族一同の化粧品代(年間)をご紹介しよう




御年87歳のおばあちゃん→約6万円(毎月5000円位かかる、70代くらいはこれに美顔器とかで何十万も使っている)



還暦すぎのペコラ母姉→10万円〜15万円くらい(同じく、何十万もする美顔器使用)




還暦すぎのペコラ母→3万円くらい(親族で一番美容に興味がないとされ、姉や母から責められることもあり)




さて、友人のご紹介




コニー→50万円〜100万円(基礎化粧品を購入するためにエステに行く、お店で新商品のローラーとか美顔器とかを購入する、シャンプーはケラスターゼ一式)



え?極端?



じゃあ



医者ハクイ→15万円くらい(男性用のクリニークなどを愛用している、ひげの脱毛とかもいってた)




そして最後にオットー



「え?俺はそんなに使ってないよ〜」




2700円分のオイル(洗顔後と、ひげそり後に使用)



ペコラとは違い石鹸はひげそり専用これがまず2000円



オーガニックのシャンプーとコンディショナーに年間約15000円(ペコラは石鹸)



髪の毛のワックスに3000円(ペコラはくしだけ)


合計22700円



「…あれ?ペコラより高いね?で、でも世の中の男性はシェービングクリームとか使ってもっと…」








そんな感じの我が家の美容費代金



ちなみに



ペコラの化粧品はクリスマスや、誕生日にオットーが買ってくれ



オットーのシャンプーは日用品代からで、石鹸はペコラがオットーの誕生日とかにまとめ買いしてます



ペコラでした