ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

訓練場:エンゲルの研修5円からのお風呂掃除〜その後〜

安すぎるんじゃないかと




色んな人に言われたエンゲルのお風呂掃除代金


研修中5円


その後どうなったかと言うと…







「マーマ〜できたぁ!」





「ありがとうエンゲル〜♪」






と、月曜日から木曜日まで



体調不良でない日は、エンゲルのお仕事になったお風呂掃除




え?




5円研修からのエンゲルのお風呂掃除代金はいくらになったかと言うと








0円






あれからエンゲル



そもそも5円を受け取るのも忘れて




無給でお風呂掃除をしてくれるようになりました






f:id:pecorafujin:20180605071256j:plain






「ねぇねぇ、ペコラそれでいいのかな?大きくなった時に文句言われないかな?」




「言われないでしょ〜それに忘れるほうが悪いのだよ、ほーほっほっほ」





というのもあるけれど




「お手伝いに金品を要求するってどうなのよって思ってねぇ…ほしいものが出来たら、自分で交渉してくると思わないオットー?」



「…俺は4歳とかならすでに物欲のかたまりだったけどね…」



「筋金入りだね、ペコラは特になかったな」



「えっっっ?!そうなお?!」



「うん、食生活の向上は心の底から願っていたけどね」



「…じゃあエンゲルもまさか」




「うん、食べ物リクエストはものすごく多いよ」





「そうなの?!」




そう





お金の要求は、現状エンゲル




ほしいものが特にない、あったとしてもヘルプのお菓子を月に1度言うか言わないか



もしくは、あれ



400円位するオーガニックのコーラをおねだりするか




あとはアレアレ




納戸に入った時に、たこ焼き器とかを見つけると、食べたいコールをするとか





それこそ最近ならメロン食べたいと言うとか




ジェラートを作ってくれと言ったりとか(去年作ったのを覚えている)




あ、あとは梅ジュースやしそジュースをこの季節になると楽しみにしている、うんうん




それって、自分で買うものじゃないだろうし




だって食材とか





きっと






「ご飯でエンゲルは、現状満たされてるんじゃないの?」





「…俺には全く理解できない世界だよ。あ、でも確かにペコラのお菓子がストックしてあるとほくほくする…」





「だからそのうち、エンゲルも欲しいものが出た時に、お小遣いは決めたらいいんじゃないの?」




「小学生とかなら500円とか1000円とか?」




「…うーん、それだとどんな労働をしてもらおうかな」




「えっ?!お小遣いないの?!」




「え?何らかの労働をしてもらう対価に支払うつもりだったんだけど…」




「き、厳しいね」





「生活保護じゃないんだから、自動的にお金がもらえるなんて思っちゃいけないよ、必要なものは買ってるんだし」




「……6歳とかでも?」





「ペコラはエンゲルに強くたくましく生きてほしいよ、だからお金をもらわずにお風呂掃除をしているのも、自分で気づいてほしいね、もしくはそれが当たり前になって、この家に貢献しているという自信を幼い頃から作ってほしいと思っているのだよ」




「そ、そんなこと考えてたんだ」




「うんうん、









あとづけだけどね?」








「……あとづけですか」







「へへへ、そんな深く考えて生きてないよ、それよりも今日のお昼ご飯をどうするかってことの方が問題で」







そんな我が家





エンゲルが、無給から有給になる日はいつなのでしょう




ペコラでした