ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

忘れられた塔:5003万円の総資産になったことを誰に言うか

投資という聞きなれない言葉







株価とかいう、多分、どうぶつの森で売っているカブみたいなノリなんだろうというこの知識のなさ






それでも、レババッジのおかげで、いやむしろ無知のなんちゃらのおかげで増えた5003万円のどどーんというお金










親類に話す時には、もちろん気をつけたけど(以前のどっかのブログにあります)









両親には最初、危ない事件に巻き込まれたと泣かれ、そこから伝わった年に1回も会うか会わないかくらいの親類には










綺麗ではないお金だの、絶対に不幸になるだの(占い師の身内はちなみにいない)










そう、親類というものは予想以上に妬みや嫉妬心があったわけであります










うんうん、きっとペコラのポジションの問題もあったのだろうよという話










ほな









誰になら話せるのか












f:id:pecorafujin:20180809092428j:plain













いや、黙っててもよくないんじゃない?という話











うんうん












無駄に交友関係が変わる可能性があるのなら、ひっそりと生きてたらいいんじゃないか












うんうん、誰にも言わないでもいいんじゃなかろうか






ただペコラの場合は、この資産運用、投資というものはお金持ちのビット






…ペコラより少なくともお金持ちの人は、ペコラにこのお金を得る方法を教えてくれたわけで











感謝?










うーん、そんな綺麗な性格














してないな












うん、そう、どっちかっていうと










いや、正直に言うとペコラはお金持ってる人にこの身に余るお金をどうしたらいいのか教えて欲しい










というか、どうしていいか分からん












ということで、ペコラは自分よりも確実にお金を当時、持っていると判断した人にカミングアウトすることにした










ビット、ハクイ、コニー










ポイントは、自分より明らかにお金を持っているという情報を得ている人









そして、自分より明らかにたくさんのお金を使っている人もピックアップ













それ以外の人には言わないことにした(オットーと親類除く)














そう、ペコラはこのお金をどうするか教えてもらうために5003万円になったという話をすることにした












親類にこのお金の話が流れた後のことだったので(しかもだいぶ、恐らく気づかれ?うーんお金の話をすることが一時的に嫌になっていたのだと思う)









地味に時間はかかったのだけれども、お金が増えたことを報告すると、感想の後、おめでとうとか(満面の笑みで)、良かったなとか(泣きそうな顔でとか、恐らく年間15万円の収入しかないペコラを案じて)、まぁまぁだねとか(でも嬉しそうとか)











そう、親類と比べての反応が














めっちゃポジティブでした、はい












ええ人らや











と、思ったものの、たまたまペコラの親類がそうじゃなかっただけかもね☆























と、お花畑での分析はできなくなっておりました












うんうん、色々あったからかもしれませぬ














少なくともペコラの親類には当時の総資産より資産を持っている人はいなかったわけで












批判OK












ようはアレですな













自分よりお金ない人には絶対に言っちゃいかん











分かってる?













いやいやいや、親類にもですよ













で、そうなるとどうなるかと言うと












前よりもお金があって、生活は余裕のはずなのにストレスが溜まりました














…隠れキリスタンみたいな心境?













なんなんでしょう、このブログで書いてみてやたらスッキリしました












うーん、お金あるのよ私(ふふん)と伝えたいのか?












うーん、劇的な変化の中にいた面白さやワクワクしたあの感情を伝えたい?










いや、なんか違う











知らないどなた様に馬鹿にされたくない?











うーん、それならもうちょい気取る












ただ、これから予期せぬお金を手にするかもしれない人に、なんか言いたいような











なんか伝えたいようなそんな感覚












うんうん、曖昧ですな













で、自分よりお金のある人にお金の相談をしたこと











数年後の今、良かったかと聞かれると
















微妙☆















はっはっは、良かったと思いますとは言えないです












だってこれはブログ、ふふふ、着飾る必要ナッシングな場所でしょ、いや普段から着飾ってはいないけども















今は、妬まれるとか、嫌なこと言われるとか気にせずに、仲の良かった人には、怖がらずに(バッシングを)話せばよかったと思ってます










バッシング受けて、嫌だと思ってから離れればいいわけで、うんうん











当時のペコラの勤務先が潰れてしまったこと(過去のどっかのブログ参照)を今でも時々思い返します









あの時、美魔女社長にお金の話をしていたらどうなったのかな












もしかしたら、まだ皆で、もしかしたらちょこっと会社が大きくなって仕事ができたんじゃないかな










と、後悔はあります、戻れませんけども












なので、嫌なことを言われるかもしれないと思って言わない選択をとりましたが、数年後はこんな感想になったのでご報告したいと思います











ペコラでした