ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

5003万円からの長期投資の心得その1〜生活a〜損得勘定家族

107万円からレババッジ(レバレッジのこと、気になる方は過去のどっかのブログ参照して下さい)の防具をつけたペコラは、その事実を知って、おしっこを漏らしながら




5003万円までにどどんと総資産が増えて、その後結婚というウェディングハイに負けて、どうしても欲しいお鍋たちを買うために、ゆる〜くやってみた投資で300万円どどんと減り






美魔女社長の散々周りに止められたゴミ屋敷企業だの、ブラック企業だのと言われ続けた、年の手取りが15万円の会社も潰れて(過去のブログのどっかにこれも詳細あるので気になる方は探して下さい)







お給料の全額を研究費に注ぎ込むオットーとの結婚を控え(足りない分はペコラの当時のお給料からちょいちょい出す)








贅沢しなければ、オットーくらい養っていけるぞと意気込みつつ、実は投資というもので初めて失敗したことに落ち込みながら、残ってるお金をどうするか考えずに約1年間放置していたペコラ










と言うか、新しい会社で働きながら(手取り20万円以上もあった)






しかも、美魔女社長の会社みたいに押入れでもいいから社宅を…というものもなかったので






平日、祝日は6時半起床でお弁当作りやらを初めて7時半出発、帰宅はだいたい夜の8時くらい(お昼ご飯と晩御飯のお弁当を持参)残業というものがある時は(おぉ…会社っぽいぞと思っていたあの頃)、終電で帰れるくらい






で、結婚式の準備やらをしていたので正直








投資とか考えてる時間と心の余裕なし











はっはっは、よぎりもしませんでしたな








むしろ、そんだけお金があることを忘れていた









ハッと思い出して、どうにかせねば…と頼ったのはペコラの場合はJPモルガンのパラジウムカードとかいうのを持っているビット(カードの話もどっかのブログにあり)にまず相談することでした







ペコラの知人で一番お金持ちの人









で、ペコラの知っている中で一番お金を使う人









レバレッジの意味も分らない、株と言われてもどうぶつの森に出てくるカブを購入するくらいしか分らない








配当金?ナンデスカソレ?状態のペコラだったので、もちろん初心者の投資ガイドブック系も読んだ、えぇ読みましたとも(理解はしていないこの頭)









そんなレベル1どころかレベル0からの資産運用、今では車1台分の不労所得を年間で得られるくらいになった、会社の手取りを超えた時に、会社も辞めて年に今のところは数回、投資先を見直したりする程度であとは自由









…約10年前を振り返ると想像できない生活になったのも、ビットの教えのおかげなわけですが










ビット本人がそういう本でも書けば、なんかこう斬新な?ミラクルな?投資本になるだろうに、嫌いなことはしない主義を貫く彼がそんなことをするわけなく、かたや自由で、ポチポチとブログを綴りながら下手なりにも楽しく絵を書きながら過ごしているペコラ










全部教えてもらったことを書くのは面ど…いや、全部で100個くらいあったんですもの









それに中には、道徳的にそれどうなの発言もビットからあったので順番に長期投資のこころえを綴っていきます、はい、長くなりましたが今日はコレ






それから、今日からブログの広告が増えます、ふっはっはっは
今まで読んでくださった方々からすると読みにくいかもしれませんが
ブログ維持の経費約7000円くらい捻出のために、広告が表示されるのご協力下さい
(これからこころえ系のブログはここまでの説明をコピーペーストしていくので、一回読んでくださった方はペコラのイラストまでががっと飛ばして下さい、同じことしか書いてないので、へへへ、お手数おかけしますがよろしくお願いします)





f:id:pecorafujin:20180811081222j:plain






長期投資の心得〜生活a〜









第一前提に、長期投資をするペコラの目的はオットーと話し合った結果、今の生活を継続すること、今の生活ってどんなんやねんと言うと、ゆるく自由に生きれること(ありがたやありがたや)







その中に健康的な生活がしたいや、オットーの場合は日常の道具で気になったものをちょこちょこ好奇心赴くまま購入したとのこと(卵焼き機とか、絶対に必要ではないものなど)









投資の本には、資産の10%を運用に回しましょうとか書いてあったのに、ビットがこのペコラの今の生活(当時は手取りで22万円、オットーの手取りマイナス)なら、全額、つまり100%を運用しようね、とな









ははははは…という乾いた笑いしか出なかったペコラですが、実践してはや5年弱か?









豊かな生活?いや、うーーーーん、自由な生活?うーーーーん、のんきな生活、あぁこれがしっくりくる








最大の賛辞、のんきな生活を送れるようになりました









で、生活aまずはいってみよう









ちなみに、当時のペコラ、このビットの教えは一気に教えてもらったわけではなく、たいてい1個から3,4個教えてもらって、それらを考えたり、実践したり(で、失敗したり。やり直しでOKサインが出るまで次は教えてもらえない)して、徐々に取り入れる方法でした、はい








つまり









一気にするの無理











あと、もしかしたら道徳心的にそれはどうなの?え、人間として、日本人としてそれ言っていいの?というような不快感の感じる内容もペコラにもありました









それらも、それ、どうなったのよっていう話を綴っていきたいと思います。











なーんで、最初にこんなこと言うかというと、不快感感じそうな内容でしたらサクッとブログ閉じて下さい、うんうん










で、まず生活a
















「一緒に住む、婚姻関係を結ぶ、継続する人は必ず損得勘定抜きの関係で愛情を感じることができるか確認せよ」












で、そうじゃなかったらペコラの場合












「さっさと離婚」



































えーっと???










「あ、見てみぬふりも禁止ね、君は今の家族に損得勘定で行動していないか、感情を動かされていないか、愛情を持って心から接することができるのか。…統計とか知らないけど、この基準を満たしていない夫婦、家族関係って全体の














99%くらいかもね」














との教え













え、ちょっと待って、99%の確率で離婚しろってか?いやいやいや











ビットいわく、長期投資をするというのは、家族ぐるみで一致団結して価値観をある程度そろえないといけないらしい









そんな中、損得勘定で動く配偶者やその他家族、もしくは愛情を持って接することができなくなっていれば、長い時間、お金と時間を生み出してくれる長期投資をするだけ












無駄














というご判断










「あぁ、見栄のためや子どものためとか言って一緒にいる場合、さっさと自分が損得勘定をなくして、愛情を持って接することができる人間に変わったほうがいいよね、無駄だから」











当時、この無駄無駄発言を連発されたペコラ











損得勘定…え

















オットーに?














「ねぇねぇペコラ〜新婚旅行はやっぱりイタリアとフランスとドイツとチェコと…ねぇねぇ聞いてる?」(当時の貯金−奨学金はマイナスの人)











共働き夫婦が、知人、友人でも多かった中、家事分担への不満はよく聞いていた











不公平だと(家事は女性がするものという考えをもつ人が多いから?)












あれも…損得勘定?え、じゃあ平等にー!とか言うのは損得勘定?…え、じゃあお小遣いが少ないと文句言うのは損得勘定?自分の実家には帰省しないのに夫の実家には…とか聞くあれは?あれは損得勘定?









え、ちょっと待って、これって












何の哲学ですか














聞いた瞬間はそんなことないない☆あっはは余裕だよね、とか思っていたけど










よーく考えてと言われて、よーく考えてみる










………ごみ捨てくらいやって欲しいと思ってるこれって












損得勘定なんじゃ














結婚してから数ヶ月後の新婚旅行の予定のペコラとオットー













養う気まんまんでいたけれども、え、もしかしてこれも養ってる自分が好きとかいう














損得勘定なのか

























「ぴぃぃぃぃぃぃぃぃオットー!!!!!助けてぇぇぇぇぇ頭がぁぁぁぁぁぁ」














と、どっかおかしくなった人ばりに叫んだあの日














損得勘定、国語辞典やらでひいた答えではなく、オットーと一緒に出した答えは下記の通り







損得勘定は誰にでも小さいものから大きいものまで含めてある、でも





その1 損でも得でも感謝の心を忘れると、ダメなんじゃなかろうか

その2 「何で自分ばっかりが」という感情が損をしている時の思考だと仮定すると、不満に思っていることを家族に伝えよう(つもり積もると大きくなるけど、小さいものはささいなことが多いんじゃないか)

その3 「得した☆」とか見栄をはるために家族を見てしまうのであれば、その前にお礼を言おう、具体的に(我が家の一例「ペコラ〜ありがとう!新婚旅行にヨーロッパに超期滞在してたおかげで、先に結婚した○○とかより気分良かった!勝った!って思った!あ、もちろん旅行楽しかったよ〜今度はマイルしっかり貯めておくから一緒に絶対行こうね!」…ふふふ、これがオットーの当時の本音なんだからいいじゃないか、うんうん)








それらを口に出せないと、どちらにしてもだめなんじゃなかろうかという結論









正直に話しましょう、互いの自分では汚いところと思っているその思考も、愛があれば可愛いぞ









そして、愛情









…ビットの意地が悪いのか








最初に愛情を持って接して…って言ってくれれば、愛情があればどんな損得勘定を相手が持っていてもOKOKってすぐ導き出せたような









世の中には、それこそ損得勘定など一切存在せずに、愛に溢れる夫婦関係や家族を築ける人もいるのかもしれない









オットーとペコラ、この二人の夫婦の場合は












全然ムリだったわけですな










「何で男だからっていう理由で、ペコラより大きいコロッケをオットーの器に並べないといけないんだ」









小さな損感情、大きくなるときっと








「もう!オットーなんてペコラがいつもいつもいつも我慢してること全然気づいてくれないんだから!ペコラだけがこんなに我慢してるのに!(コロッケの大きさを)」になりかねない










幸い、ペコラの好きなコロッケにオットーはそこまでのこだわりがあるわけでもないので、「いつもおっきい方のコロッケくれてありがとう〜」な会話になる、うんうん













下らないとか言わないで下さい











コロッケは一大事、うんうん











二人で、夜中に眠いながらに話し合った結果をまとめるとこの3つに絞られたのだけれども











当時のノートは眠気なのか、なんなのかでかでかと油性マジックで











コロッケずるい




















そのメモを頼りにここまで思い出しました…へへへ









バッチリ次のページにもうつっているその言葉












損得勘定を持たない夫婦になろうよ









は、ムリだったけれども、損得勘定が生まれたらその時に口に出して話し合おうよ








で、それは愛があれば乗り切れる…というか、お互いの損得勘定は、互いにとって話せば話し合うほど










どーでもいい内容だったわけで










もめることなく、スッキリ解消でした










ここまでが生活a








参考文献 コロッケずるい








ペコラでした