ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

5003万円からの長期投資の心得その1〜生活b〜欲望時間

107万円からレババッジ(レバレッジのこと、気になる方は過去のどっかのブログ参照して下さい)の防具をつけたペコラは、その事実を知って、おしっこを漏らしながら




5003万円までにどどんと総資産が増えて、その後結婚というウェディングハイに負けて、どうしても欲しいお鍋たちを買うために、ゆる〜くやってみた投資で300万円どどんと減り






美魔女社長の散々周りに止められたゴミ屋敷企業だの、ブラック企業だのと言われ続けた、年の手取りが15万円の会社も潰れて(過去のブログのどっかにこれも詳細あるので気になる方は探して下さい)







お給料の全額を研究費に注ぎ込むオットーとの結婚を控え(足りない分はペコラの当時のお給料からちょいちょい出す)








贅沢しなければ、オットーくらい養っていけるぞと意気込みつつ、実は投資というもので初めて失敗したことに落ち込みながら、残ってるお金をどうするか考えずに約1年間放置していたペコラ










と言うか、新しい会社で働きながら(手取り20万円以上もあった)






しかも、美魔女社長の会社みたいに押入れでもいいから社宅を…というものもなかったので






平日、祝日は6時半起床でお弁当作りやらを初めて7時半出発、帰宅はだいたい夜の8時くらい(お昼ご飯と晩御飯のお弁当を持参)残業というものがある時は(おぉ…会社っぽいぞと思っていたあの頃)、終電で帰れるくらい






で、結婚式の準備やらをしていたので正直








投資とか考えてる時間と心の余裕なし











はっはっは、よぎりもしませんでしたな








むしろ、そんだけお金があることを忘れていた









ハッと思い出して、どうにかせねば…と頼ったのはペコラの場合はJPモルガンのパラジウムカードとかいうのを持っているビット(カードの話もどっかのブログにあり)にまず相談することでした







ペコラの知人で一番お金持ちの人









で、ペコラの知っている中で一番お金を使う人









レバレッジの意味も分らない、株と言われてもどうぶつの森に出てくるカブを購入するくらいしか分らない








配当金?ナンデスカソレ?状態のペコラだったので、もちろん初心者の投資ガイドブック系も読んだ、えぇ読みましたとも(理解はしていないこの頭)









そんなレベル1どころかレベル0からの資産運用、今では車1台分の不労所得を年間で得られるくらいになった、会社の手取りを超えた時に、会社も辞めて年に今のところは数回、投資先を見直したりする程度であとは自由









…約10年前を振り返ると想像できない生活になったのも、ビットの教えのおかげなわけですが










ビット本人がそういう本でも書けば、なんかこう斬新な?ミラクルな?投資本になるだろうに、嫌いなことはしない主義を貫く彼がそんなことをするわけなく、かたや自由で、ポチポチとブログを綴りながら下手なりにも楽しく絵を書きながら過ごしているペコラ










全部教えてもらったことを書くのは面ど…いや、全部で100個くらいあったんですもの









それに中には、道徳的にそれどうなの発言もビットからあったので順番に長期投資のこころえを綴っていきます、はい、長くなりましたが今日はコレ






それから、今日からブログの広告が増えます、ふっはっはっは
今まで読んでくださった方々からすると読みにくいかもしれませんが
ブログ維持の経費約7000円くらい捻出のために、広告が表示されるのご協力下さい
(これからこころえ系のブログはここまでの説明をコピーペーストしていくので、一回読んでくださった方はペコラのイラストまでががっと飛ばして下さい、同じことしか書いてないので、へへへ、お手数おかけしますがよろしくお願いします)





f:id:pecorafujin:20180812113310j:plain










生活aで、互いに芽生えている損得勘定を洗いざらい口に出して生活してみることにしたオットーとペコラ







お外では言っちゃいけません!的な内容も数々出る、そうそれは欲望むき出しなわけです、はい







ただ、どちらも世界征服がしたいとかの欲望ではなく、損得勘定を口に出してみてわかったのは





オットー→物欲、承認欲求欲(知人、他人、身内)



ペコラ→食欲、だらけたい欲





が強かったわけです






それを受け入れた上、理解した上での生活b(損得勘定のある状態で誰かと一緒に住んでいる場合はUターン、生活aに逆戻りして下さい)





…オットーとペコラは思ったことをそのまんま言葉にすることや話し合うことに慣れるまでに2ヶ月くらいかかりました






うんうん、好きだからこそ互いによく見せようとしていた部分もあったんでしょうな








で、生活bはですね











「一緒に住んでいる人の損得勘定の根っこにある、各自の欲は生活の中でどの時間に満たされているか考え、また、どのようにして増やしたいか考える」








…書いてしまうと、なんか長いですな









先になーんで、そんなことを考えねばならんのかと言うと、当時は教えてもらえませんでしたが、なんとなく今の生活を送っているとですね








個々の欲望が満たされない生活をしていると(不満があっても恐らくダメ)、無意識に考えることを拒否したり(お金のこととか)、余裕がなくなってお金使いが荒くなったり、話し合う時間を調整できなくて家族間で不仲になっていくのかもしれないなぁ…と思いました






それが答えかは、ビットは教えてはくれないけれども(人により答えは違うそうな)








さて、じゃあオットーとペコラの場合の当時の生活をのぞきながら、各自の欲望をどこで満たされているか、どこでもっと満たされたいと感じたのか掘り下げていきます







まずオットーの










物欲(キラーン)









オットーの場合、この物欲は承認欲求にも繋がるのですが、好奇心というものを満たすための物欲が強い人でした









何でこれはこんなに高いの?何が違うの?見ているだけじゃ分らない、知りたい、知りたい、知りたい…









買っちゃえ☆










みたいな感じです









なので、基本一度使ったり、手に入れた道具はよっぽど気に入らない限り使い続けることはなく








どんどんこの好奇心や探究心という名の元、移り変わりしていきました








で、オットーの場合どこでこの物欲が満たされる時間かと言いますと










朝の準備(場所は洗面所)









オットーの好奇心が強いものは、美容用品?







まずはそこでした








洗顔、クリーム、カミソリ(電動、手動、日本製、ドイツ製、スイス製品)、なんか石鹸(ひげそり用)、それを泡立てるブラシ(アライグマの毛がどうの、やっぱる馬だの、どこの国のものだの)、歯ブラシ、歯磨き粉、タオル(顔用)、髪の毛のセットに使う色んなもの、あ、あとオイル(ひげそり後)、眉毛を整えるハサミ(ちっちゃいの)…多分これだけか、あ、お風呂場も入れるならまだまだ出てきます










結婚して約6年、未だにこれら











安定せず









そう、試しては次、試しては次、試しては次と固定される気配なし









もちろん、最後まで使うことは基本なく嫌になったら途中でオークションやらで売りさばくオットー(買う人もいるので、意外にそういった男性多いんでしょうか)







このオットーの朝の準備時間はペコラよりも長く、洗面所を占拠する時間は…40分?くらい?









女子か、と言いたくなるような時間ですがオットーにとってこの朝の準備時間が物欲(この場合、人に見せるものでもないので完全に自分の世界に入っている)を満たすための、心地良い時間とのこと









これは継続型ですな









で、物欲と言ってもオットーの場合、承認欲求から生まれる物欲もあるわけです












俺、スゴイ(キラーン)












「ちょっとちょっとペコラ?!愛する夫のことをそんなバカな男みたいな感じで書かないでぇぇぇぇ」










「いや、読む人がどう感じるかはわからないけれども、ペコラはそんなオットーが好きなのだよ、面白いし、可愛いし」









「え…そうかな?へへへ、そっかぁ〜うんうん、そうだよね、だってペコラとオットーはかれこれ」








さて、断じて馬鹿にしているわけでもなければ見下しているわけでも、かわいそうな人とも思っているわけではない








事実として、綴ろうではないか、うんうんこれはブログだ








変な人と思われても残念だと思われても問題ない(多分)









うちのオットー










ナルシストである










どういった種類のナルシストかと言うと、自分の時間、主に鏡を見て効能やらをチェックしてにまにまもするし









外に出れば











皆が自分を見ていると思っている










注意:一般人です










なので、ひと目に触れるものは全て自分の納得したもの(この場合、オットーがうんちくを語れるもの)に身を包まれていないとダメな人になるわけです








この時間は、誰かとそんなうんちく話をすることはそうそうないので










朝の通勤中の











一瞬、対向車の人の視線を感じた気がする










とか、一瞬財布を出した時にレジの人が見てた気がするとか、一瞬隣の人が〇〇を見ていた気がするとか









決まった固定時間は一切なく、そしてそれは










一瞬











オットーはその一瞬、一瞬、満たされるために物欲に走るわけであります









ただ、これは決まって人に会う時(仕事含む)









ペコラみたいに基本家に引きこもっていればそんな衝動はなくなるのか








と言うとそうではなく、この承認欲求を満たすために








ありとあらゆる口実を探しては、必ず外へ出ようとします









…このへんの欲望の価値観が違って、話し合ったりしてなかった頃はよくモメました








何で










ねようとしているペコラを外に連れ出そうとするのか










怒りですな、はっはっは









買い物に付き合う?








いやいやいや








休ませてくれ









なわけです、はい








で、まとめるとオットーの場合は基本40分+一瞬が何回あるか








これがオットーの日常の生活の中で満たされている時間








で、ペコラ








ペコラの場合は食欲なわけです








高級品を食べたい、知らないものを食べたい(昆虫にも挑戦とか)、色んな食欲があると思いますがペコラの場合










美味しいと思ったもの、聞いたものを食べたい、好きなものを食べたい








じゃあペコラのこの食欲が満たされる時間は、朝食、昼食、夕食、おやつタイムかと言うと







毎日そんなご飯を食べているわけでもなく








うんうん、有機野菜おいしいんですけども









食べ慣れると、キャベツの千切りに自家製ドレッシングも固定するといつものご飯なわけで









なので、せいぜいこの食事タイムで感じる食欲が満たされているのは30分くらい







に、ペコラの場合はここに料理時間も入るわけです








こっちはだいたい1日1時間くらい(長い時はもっと)







うんうん、ただ煮込み時間とかは入れずに食材に触ったり、匂いをかげる時間のみにこの食欲が満たされているわけでありまして









そう、食べてるより作ってるほうが満たされとるがなという結果でした












そひてだらだら欲望、ぐうたら欲望









これは、転がれる時間








横になるという時間、しかも就寝前とかじゃなく








横になりながらゲーム、横になりながらオットーと会話、横になりながら本を読む、ひたすら窓から外を見ているなどの時間









当時で1日、15分くらい








なので、ペコラの場合は1時間45分、生活時間の中にこの自分の欲望を満たす時間があることがわかりました









で、もっと増やしたい?その時間








の答えは、二人共








「そりゃそうだ」










なわけで










ただ、オットーの場合この承認欲求にかけていた物欲のお金と、時間を比較すると










「コスパ悪いわ、あかんわ」










と、なぜかその時間や金額を見ると急に冷めた模様で(なくなってはいない)








固定した時間での物欲を満たすもの







朝の準備時間ですな









そこを増やしたいわけではなく、オットーの場合夜のお風呂時間を伸ばしたいとのこと







髪の毛洗うなんちゃら系やアロマ系










ペコラはアロマは興味があったので、じゃあこれは一緒にこの時間を増やせるようにどうしたらいいか考えようよとなり









夕食の前に入ることになりました








一番時間的に、心の余裕があったからですな








本とかの活字欲望はオットーの場合、仕事にも繋がってしまうのではぶくと、それ以外にオットーが増やしたいのは










通勤に使う車のレベルアップ(外車の憧れていた車に乗りたい)









この場合、通勤に約往復2時間ほどかかっていたので、その2時間幸せだとのこと(約2000万円)









で、その車もなんとか手にれる方法を考えて、物欲が満たされる時間になるといいねとの話し合い(当然中古)








そして、ペコラの場合は食欲の時間









もうちょい日々の食事の時間でも食欲が満たされたいということで








今まで興味はあったけれど手が出せなかったものを作ってみるということに決まりました(自家製味噌やら梅干しやらジュースやジャムやなんちゃらのオイル漬けとか)








あとは、多国籍料理










うんうん、そうするとそれらを調べる時間も楽しい、食欲が満たされる時間になりました










で、ごろごろ欲望は












1時間は欲しい










ということで、そのへんもどうしたらその時間がムリなくとれるか話し合うと









オットーが









食事のあとの後片付けをしてくれることになりました











妻のごろごろのために










うんうん、申し訳ないけれどもそれよりもまさるのは












ひゃっほぉぉぉい!











なわけで、各自、自分の正直な欲望に使う時間









生活の中にあったその時間を、ちょこちょこ増やしていこうよという話になりました










ふっふっふ…さらっとブログではまとめて書いてるけども










ここまで二人で考えて、あーでもない、こーでもないと言って試して、落ち着いたのにこれは2,3週間くらいかかりました、はっはっは









今なら数十分くらい(この問いかけは今も時々続けています)









そんな心得










ペコラでした