ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

銀行屋:投資で300万円損した時の話〜投資で失敗して立ち直る方法〜

今日はコレ、これが書きたいわ







300万円どどんと減った時の話







f:id:pecorafujin:20180815193257j:plain









結婚前に、身分不相応なお鍋を欲しいと思って、適当に何も考えず、どどんぱと投資した矢先の失敗










はは、思い出したくなーい









ただ、1回の失敗で何もかも嫌になるのはあかんわな…とも思う、うんうん









途中でやめなくて良かった










あの時、ほなどうしたのかと言うと










まずは婚約者のオットーに泣きながら現状報告







誰かに話を聞いてもらう











うんうん。ペコラの場合はこれが大事だった









そして、一時投資とか、お金というものを考えることを











拒否(現実逃避)









そこから約1年弱かけて徐々に失敗を認めて、次どうすればいいか考えて、ペコラの知っている中での一番お金持ちの人に












相談、実践












なんですけども、その間に気を紛らわす方法をお伝えしたいと思います









役立ててください、…いや、そんなことがない投資を続けられる方がいいんでしょうが











ペコラの場合はですけども、放心状態から現実に戻してくれたのは、コーラでした











炭酸飲めませんけど














そう、ヤケ酒ではなく、ヤケになって飲めないものを飲んでやろう、ちょっと悪いことしちゃうもんね、へへんだ








みたいな感じで、コーラを買い込みました









ポイントは飲めないものを飲むこと、多分、できないことをクリアしたってことで、頭の中を少しでもポジティブにしようと努力した図










コーラだけどさ












はい、炭酸の飲めない人が市販のコーラを飲むとどうなるのか









まず、炭酸という刺激が喉にビリビリきて












涙腺崩壊












で、胃がキリキリして、ぐぇぇぇぇぇぇと









うん、あとはお腹がタプタプになりますな










でも、空いたペットボトルのコーラを見ると











フッ、ペコラもまだまだいけるじゃない














と、一人でエベレスト登頂にでも成功したドヤ顔をしていました









うんうん、辛かったんだね、自分










飲めないもの、食べれないものに挑戦すると、勢いで飲み込めますし(極度のショック状態ですから)









その今までにない刺激を感じると、一時的にそのショック状態から開放されて、現実に引き戻されます











何してんの自分











みたいな感じで









うんうん、そこでまず平常心を取り戻せ…はしなかったけど、ささやかな自信を回復しました









で、食欲は減退しました(食欲の塊のペコラでも)









食べていいの?こんな自分…と










自己評価のひっくい状態で、食べ物を食べるということがあまりできない状態になりました(一時的なので残念ながら痩せず)










あの頃、焼き肉とか焼き鳥とか、炭火で焼いた肉なら喜んでいた時代でしたけれども、それでも食べれない状態で








図書館で借りてきた、お坊さんかお寺の人かが書いたおかゆのレシピ集みたいな本に目がとまり









精進料理みたいなご飯を好んで食べてました










うんうん、大丈夫かな自分












この精進料理を中心にしたご飯










これもなかなか精神安定に役立った気がします、はい









そして、運動とかには走りませんでしたが











ヨガをちょっとやってみたりしました











瞑想は危険です









瞑想すると必ず涙が出てきますよ、ふふふ








体をゆっくりとほぐす感じのヨガ良かったです









習い事?








そんな馬鹿な…図書館にそういう本おいてありますのでご参考下さい










これはペコラの場合はほぼ運動なんてしない生活をしていたので有効だったのかもしれませんな








血流がよくなると、心がちょっと穏やかに













あ、でもニュースとかとにかく液晶画面は見ない方がいいです









万が一、自分が失敗した数字やら会社やら外貨やらその国の名前やらのキーワードが耳に入ると










破壊力半端ないですから












そのへんもなるべく遮断して過ごしました










あと










変な人…うん、変な人と思われるでしょうけども










やったことがないけれどもちょっと興味があることにチャレンジしました









あ、乗馬とかなんかジムに行くとかの爽やかなことでも、旅行とかでもなく










ペコラは













夜の駐車場で寝っ転がってみました














…一人で










へへへ、さすがにオットーには言えませんよ












頭ってこうやっておかしくなるんだろうなぁ…とコンクリートの上に寝っ転がりながら感じました








あぁ、今自分すごい変な人だなぁと








ものすごい変な人になっているなぁと








泥酔してとかじゃなくて、シラフでこんなことをしている自分










あ、なんか










強くなった☆












とな









そうそう、車やらには十分注意して実行してくださいね










あと、やっていなかったことでやろうと思ったのは、大学生の時にはやっていたクラブというものに行くか、バーというものに行くか








うんうん、結局これは行く勇気が持てず行けなかったんですけどもね









クラブというのは、まず空いている時間が完全にペコラのお眠りマンになる時間、あと音が大きいという事前情報を得ていたので、どんなものか見たかったんどえすが断念









で、バー










ダイニングバーとか呼ばれている場所はあるのですが、カウンターがどどんとあってみたいなバーに行ったことのないペコラは当時その冒険を一人でしようと思いましたが












一人で串揚げ屋に変更












へへへ、お酒よく分らないので、色んなエビを食べれる串揚げやさんに行きました、一人で












ふふん












カウンターですよ?(キラーン)












と、そんなことをしながら過ごしました











うんうん、変な人になって、自分にツッコミを入れるの大事かもしれませんな











戻ってこれなくなったら大変かもしれませんが…へへへ











で、駐車場で一人で寝ているのは危ないかもしれないということで、コニーにちょっと離れたところで見ててもらいました










うんうん、協力してくれた方々ありがとうですな












そんなこんなで、立ち直ったペコラがいます











「ペコラ…そんな思いつめてたの?」












「あぁ、オットー、うんそうなんだ言わなくてごめ……」













「そんなことで落ち込む必要なんてないよ!だってそもそもペコラは年収じゃなくて年の手取りが15万円で、押入れ生活していたくらいだし、お金だけで言えばほぼ












失うものないんだから!」






















うん、最初と比べりゃそうなんだけどさ











なんか、それもどうよと思いつつ











やっぱりバーは行っておけばよかったかなと思うペコラでした