ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

30代の夫ことオットーが育休をとるの巻①

エンゲルこと、上の子と5歳離れのエンゲル2(次男)






が、生まれるにあたり、オットーは育休というものをとってくれました








男性が育休というものをとりにくい環境だそうなんですが、オットーの場合上司がほぼ1年とってる(男性です)のでとりやすかったらしく











手順としては、安定期に入った時に上司に相談で、書類やらなんやらにサインして育休をとれます、はい









産後コースと産前コースがありまして










予定日の1ヶ月前からとる方法と、予定日からとる方法があったのですが










エンゲルが2週間くらい早く生まれているので、一ヶ月前からの育休を











さて、育休をとってオットーがまずしたことは















ドンキーコングのソフトを買うこと










でした…












スイッチの、そう、ペコラ父からもらったニンテンドーSwitchのゲームソフトです










…育休だよねぇ…???

















あれ?









それって休暇?休暇なの?











むしろゲーム休暇???












い…いやいや、夫が育休をとったんだ、ゲームくらいしてもええじゃないか









新生児グッズを準備している時に










なんか横からドンキーな音楽が流れている









いつも通り、洗濯機の前にオットーの脱ぎ散らかした服がある








うんうん、そんなことでイライラしたりしないよ?










でも、なぜか育休をとってる=育児するんだよねぇ?ペコラのサポートしてくれるんだよねぇ?











なんて、期待があったせいか










脱いだ原型をそのまま維持している、ズボンとパンツセットに何ヶ月後かに











ドッカーン!!!












「せめてズボンとパンツを別々に脱げぇぇぇぇぇぇぇぇ」











と、爆発とな、はっはっは










何で、洗濯機に洗濯物を入れてねと言えないんだろうかって?










いやいやいや、脱衣地点が徐々に洗濯機に近づいているだけ進歩なんですよ、うちの場合ですが












そう、うちのオットーは家事をナメていた












1日のうちせいぜい1,2時間あれば、ペコラのしていた家の中をキープできるとふんでいた












甘い、甘すぎる











ペコラはその家事スキルを、年月と趣味で勝ち得たのだ










レベル1の勇者がいきなりラスボスに叶うとでも?









ラスボスまででも最低50時間かかるのに










家事をいきなりスムーズにできるわけもなく











と、オットーにあつく語ったあの日









祝・洗濯物が洗濯機に入った











すごい、素晴らしい










素晴らしすぎるっっっっ











そんなことに感動した、育休の出だし












出だし、絶好調からのスタートです













「…ねぇねぇペコラ、ちょっと今書いてるブログひどくない?ズボンとパンツが原型で維持って書くと、脱ぎっぱなしですって言われるより悲惨な感じがするんだけど」









「悲惨じゃない、現実を書いているのだよ、いいじゃないか、たまにそのパンツから尿っぽい匂いがしてますとか書いてないよ?」








「書いてる書いてる!まさに今書いてるから!」









「男はそういうもんだって言ってたでしょーーー?!読んでくれてる人の半分が男性なら、男のあるあるで片付けてくれるさ!」









「お、俺にも羞恥心はあっ」









「あ、そろそろ掃除しよ」







そんな夫婦