ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

30代夫婦の真実の愛~コニーの結婚相手?①~

f:id:pecorafujin:20180806101601j:plain


妊娠中に、ごろごろしてるとコニーがやってきた

 

 

 

 

あれは10月の下旬

 

 

 

 

 

中古品の服を買っている男性、その名もブランディアの君と実はコニー、2か月ほどお付き合いをしていたそうな

 

 

 

 

 

 

 

ほうほう

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なんだかんだあって別れたんだけれども

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は、コニーが次に真実の愛だと言って東京から京都へやってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

恋人のご実家へ挨拶をしに行くついでにペコラの家まで遊びに来てくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

コニーは恋をすると、その全てをペコラに話してくる、いやむしろネットでも実名で?あのフェイスブックとか写真を見せるアプリ?とかで公開している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうん

 

 

 

 

 

 

 

で、その時コニーは、もう結婚のご挨拶をかねた恋人の運転する車でペコラんちに来るはずだったんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

「ムリムリムリムリ、絶対無理ぃぃぃぃぃぃぃ」

 

 

 

 

 

 

 

ホットカーペットの上でごろんごろんしていたペコラの横でうぉんうぉん泣いていたコニー

 

 

 

 

 

 

 

なぜか一人

 

 

 

 

 

 

どうしたのかと言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ありえない、ありえるはずがない、プロポーズまでしておいて、親に紹介とか言っておいて…」

 

 

 

 

 

 

その言葉で瞬時に想像してみる

 

 

 

 

 

 

 

 

コニーのありえない

 

 

 

 

 

 

 

1 コニーの中ではマザコン

2 実は奥さん、もしくは子供もいた

3 コニーの中では多額の借金がある

4 実家がコニーの中では貧乏、田舎だった

5 コニーの中では家族が非常識だと感じることが3つ以上

 

 

 

 

 

 

うんうん、付き合いは大学時代から

 

 

 

 

 

 

パターンとして、このあたりかと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今回はどれでもなく

 

 

 

 

 

 

 

「聞いて…ペコラ、部屋、部屋がね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

今、はやりの汚部屋とか汚屋敷とかいうアレか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドン引きレベルのオタク部屋」

 

 

 

 

 

 

そう叫んだあと、うぉんうぉん泣くコニー

 

 

 

 

 

 

外した、そっちか

 

 

 

 

 

 

「オタク部屋って言ってもコニー、ジャンルがあるでしょうな、ジャンルが」

 

 

 

 

 

 

 

 

「キモいアニメ系、フィギアとかなんか旗みたいなのまであった、抱き枕にアニメの絵がプリントされて…だめ、思い出しただけでもはきそう」

 

 

 

 

 

説明を聞くと、恋人はコニー同様東京在住

 

 

 

 

今回、結婚の挨拶をしに恋人の実家へ行って、お茶菓子をもって、うふふあははで楽しんでいたコニー

 

 

 

 

 

半ばお約束の、アルバムやらから部屋見せて~という雰囲気で

 

 

 

 

 

「開けたが最後よ」

 

 

 

 

 

純和風の家の二階に、なぜかその彼の部屋だけは洋室のドアがついていて(その好きなキャラクターのために大学生時代に自分でリフォームしたらしい)なんか変わってるな~と思っていたら

 

 

 

 

 

 

 

「髪の毛緑色のツインテールのパネル登場よ」

 

 

 

 

「有名どころだとミクちゃんですな」

 

 

 

 

「いや、引くでしょ?無理でしょ?しかも、その部屋がそのままにしてあるのも、その部屋を変だとも思ってない本人も変でしょ?せめて隠さない?昔の趣味部屋だからって言って、今は違うからって言うもんだから、今はそんな趣味じゃないかと思ったら、まさかのその部屋はそのキャラの部屋で、今は別の旬のキャラがいるとかなんとか必死に熱弁すんのよ?しかも、東京に住んでるのもその好きなキャラを追い続けるためだったとかなんとか、人間の女性だと私が一番好きですっておかしくない?その告白おかしくない?本気でそこいらない告白じゃない?」

 

 

 

 

 

 

「真実の愛があるなら、問題ないよコニー!」

 

 

 

「あんた、オットーの部屋普通だったんでしょ!普通だったからそんな余裕ぶっこいてられんのよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オットーの部屋?

 

 

 

 

 

あぁ

 

 

 

 

 

「フィギアならあったよ?」

 

 

 

 

 

 

「え」

 

 

 

 

 

「オットー、昔からエイリアンが好きで、エイリアンのフィギアいっぱいあったよ~口の中からまたエイリアンの顔が出てたりとか、なんかそういう造形美に惚れたとか言って」

 

 

 

 

 

 

「…それもキモイわ」

 

 

 

 

 

「いや~そういう怖い系の映画とか見たことないけど、フィギアの箱もすごく奇麗なのがあったり、ほらほら、真の愛があると2つ買って箱もそのまま現状保管するとかいうのアレだよね、箱も一緒に作品というか、とにかくすごかった」

 

 

 

 

 

 

 

「いや、引くでしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「真実の愛があれば、ゲーム、アニメ、およびそれらが18禁であっても引きはしない、妬くだけ。でもなんか愛が完全にそちらにもってかれて『お前程度が〇〇様に妬くこと自体がおこがましいわ!』とか言われたら悲しいから無理…いや、でもまるっとオットーなら受け入れられるかな?どうかな?どうだろう」

 

 

 

 

 

 

「結婚って、そんなに受け入れないといけないのかしら、とにかくあたしはダメ、無理、キモいを超えて気持ち悪いの」

 

 

 

 

 

 

「結婚する人なら、ペコラの場合同じレベルで共有することは難しくとも、興味はわく」

 

 

 

 

「無理」

 

 

 

 

 

コニーはそう言い残して、結局謝罪しに行って結婚話を取り消して、一人で東京へ

 

 

 

 

 

コニーのありえないランキングに一つ追加した

 

 

 

 

 

 

二次元に好きな、もしくは愛のある人は無理

 

 

 

 

 

「ねぇねぇペコラ~ペコラはこのオットーのどこに真実の愛を見出してくれてるの?」

 

 

 

 

 

覗き込むオットー

 

 

 

 

それは2にて