ペコラの革命物語~レベル1から始まる打倒タンメーイ王~

10年前の初任給3万円から今に至るまでのレベル上げと日常の記録 Twitter https://twitter.com/pecorafujin

夫婦の愛ーオットーの神業ー

「うぎゃぁぁぁ」

 

 

 

 

 

こんにちは、赤子を抱えるペコラです

 

 

 

 

 

今日は、赤子ことエンゲル2ではなくオットーの断末魔からお送りします

 

 

 

 

 

さて、何がおこったのか

 

 

 

 

 

ペコラは今日、オットーからの愛を感じています、へへへ断末魔からの愛ですな、愛

 

 

 

 

 

さてさて、夫婦の愛というものは、妻の場合、言葉であったり、サプライズ的なことであったりプレゼントや気遣いなどで感じるらしいのですが、今日、ペコラもオットーからの愛を感じましたので

 

 

 

 

 

 

今日はのろけブログ

 

 

 

 

 

 

ことの発端は、今日の昼前

 

 

 

 

エンゲルは幼稚園へゴーゴー

 

 

 

 

エンゲル2はグーグー爆睡

 

 

 

 

家事も一通り終わって、オットーとホットカーペットの上でごろごろしておりました

 

 

 

 

 

うんうん、よくごろごろしております

 

 

 

 

 

現在、育休中のオットー、平日の真昼間から家におりますゆえ、今日は自転車探し

 

 

 

 

 

そう、まさかの息子には生涯10台もの自転車を買わなければいけないらしいぞ情報をオットーからえて

 

 

 

 

オットーと一緒に自転車探し

 

 

 

 

現代アイテムスマホを二人で転がりながら見ていました

 

 

 

 

オットーはとにかくオシャレなの(ビアンカとかいう自転車を調べており)

 

 

 

 

 

ペコラはとにかく安くて安全そうなものを探しておりました

 

 

 

 

 

 

仲良く、転がりながら二人で検索です

 

 

 

 

 

さて、スマホをごろ寝で見る場合、オットーとペコラは仰向けになって眺めています

 

 

 

 

で、良さそうな情報とかがあると、「これ見て」みたいな感じで隣に寝っ転がっている夫もしくは妻ペコラに見せたりして

 

 

 

 

ほのぼの楽しんでいたんですが

 

 

 

 

 

オットーがペコラにビアンカとかいう自転車の画像を見せるときスマホ

 

 

 

 

 

 

 

顔面落下

 

 

 

 

 

たまにありますな、はい

 

 

 

 

 

これ、ものすごく痛いんですよ、地味に、えぇ地味に

 

 

 

 

 

で、ペコラに思いっきり見せていたスマホだったんですが

 

 

 

 

 

「ぎぃやぁぁぁ」

 

 

 

 

 

 

 

なぜかオットーの悲鳴

 

 

 

 

 

ペコラは瞬時に目をつぶることしかできなかったのですが

 

 

 

 

 

 

オットー、まさかの反射神経でスマホを自分の顔面めがけて投げたんですよ、はい

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

顔面クリティカルヒット

 

 

 

 

 

 

そう

 

 

 

 

 

 

 

身を挺して守られたペコラ

 

 

 

 

 

 

 

「オットー……まさか助けてくれるなんて思わなかったよ、ありがとう」

 

 

 

 

 

 

隣で、痛みで涙目になっているオットーへ心から感謝したものの

 

 

 

 

 

 

 

「いや、そのお礼ちょっとヘコむ……」

 

 

 

 

 

 

 

いえいえいえ

 

 

 

 

 

 

まさかオットーがそんな

 

 

 

 

 

 

 

自爆してまで助けてくれると思わなかったもんで、はい

 

 

 

 

 

普通に暮らしてるとアレアレ

 

 

 

 

 

少女漫画みたいに、なんかピンチがあって、颯爽と助けてくれる構図なんてないわけで

 

 

 

 

うんうん

 

 

 

 

そんないざっていう時、そうそうないと言いますか

 

 

 

 

 

で、そのいざって時が

 

 

 

 

 

 

今日きた

 

 

 

 

 

 

 

うんうん

 

 

 

 

 

 

まさに今日、少女漫画的、ピンチに王子様ことオットーが助けてくれたわけです

 

 

 

 

 

これを喜ばずにいられますか?いられないでしょうとも

 

 

 

 

 

これこそ、愛ですよ、愛、愛

 

 

 

 

 

うんうん

 

 

 

 

 

しかもとっさにスマホを自分の方へ投げるんですよ?

 

 

 

 

 

 

「なんでわざわざ投げたの?」

 

 

 

 

「あの状態で落ちる直前にキャッチするなんて神業できないし、その時の手の向き的に反対側へ投げることもできなかったからこうなったんだよ…好きで投げたわけじゃ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごいぞオットー!

 

 

 

 

 

 

 

ということで、一人ほふほふしていました

 

 

 

 

 

で、うちのオットーすごいでしょ自慢をラインでとりあえずハクイにぽちっとしたら

 

 

 

 

 

 

=男なら直前に掴み取れる瞬発力いるっしょ=

 

 

 

 

 

…いやいやいや、だれかこの愛をわかってくれるはず

 

 

 

 

 

コニーだ、うん同じ女性ならわかってくれる

 

 

 

 

 

=心底どうでもいい=

 

 

 

 

 

…ガーン

 

 

 

 

 

よ、よし、ここはいつも冷静なビットに

 

 

 

 

 

 

 

まさかの既読スルーとな

 

 

 

 

 

 

…誰かと共有したい、オットーの神業でした

 

 

f:id:pecorafujin:20190106103202j:plain